バーリプレイで利用できるデータ量はどのくらいですか?

バーリプレイの過去データの長さは、シンボルやチャートの時間足の選択によって異なる場合があります。日足や日足をベースにした時間足では、ご利用可能なすべてのデータがチャート上に表示され、バーリプレイモードでもそれと同じデータを利用することができます。日中足の場合は、TradingViewで保持されているデータ量が限られており、プランによってバーリプレイで利用できる期間が異ります。

PROおよびPRO+プランのユーザーであれば、日中データを利用できる期間は「6週間×時間足(分単位)」という式で計算され、この期間だけ現在から遡ることができます。つまり、1分足チャートでは6週間前、2分足チャートでは12週間前、5分足チャートでは30週間前、15分足チャートでは90週間前になります。上位の時間足を選択すれば、それだけ多くの日中データがご利用可能になります。

Premiumプランのユーザーであれば、さらに多くの日中データをバーリプレイでご利用いただけます。その期間は「6カ月×時間足(分単位)」となっています。つまり、Premiumプランのユーザーは、分足の1分につき6カ月分のデータにアクセスすることができ、2分足の場合だとこの制限が2倍に延長されるため、1年分の2分足データがご利用可能になります。3分足では3倍になり、18ヶ月分の3分足データをご利用いただけます。

秒をベースとした時間足については、Premiumユーザーであれば90日間のデータをバーリプレイでご利用いただけます。

選択した期間のデータがない場合は「指定された開始ポイントはチャート再生には遠すぎます。別のポイントを指定ください」というメッセージが表示されます。

大きな時間足から小さな時間足へと切り替えたとき、日中データの制限に達しているため、大きな時間足(例えば日足)では利用できるデータが小さな時間足のチャート(例えば1分足)では利用できない状況が発生することがあります。このとき、チャートの左下に「データポイントが利用できません」というメッセージが表示され、バーリプレイの画面が直近のバーまで戻りますが、バーリプレイモードは継続されており、「ジャンプする」ボタンをクリックすればリプレイの開始点を新たに選択することができます。