Nogoso

BTC 1時間足チャート分析

BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
551 views
5
551 0
久しぶりに流れが変わったので分析を更新します。

1時間足のチャート(事実…)を見ます。
多くの方が分析する通り、これまでの下落を修正波として見ましょう。
私も前回日足ではもそのような予想をしています(その時は目安85万くらいと言いましたが…)

リトレースメントはフィボナッチで止まることはありませんでしたが、77万が修正波の終了と見ています。
根拠をいくつか上げてみましょう。

まず、この修正波はジグザグの修成波(A)(B)(C)と見ています。
ただし、(A)波の部分が3波で形成されているように見えることを考慮すると、ダブルジグザグなっていると考えることもできます。(この場合カウントする位置は違ってきます。)
どちらにしろジグザグ修成波です。
ジグザグ修成波は2波にできやすいとされています。なのでこれからが3波とみることができます。

さらに、下げ止まった場所にも注目です。
基本的にジグザグ修成波の波の高さはA=Cになりやすいと言われています。
黄色のフィボナッチで表したもの(765374)が値幅の目標値です。
A=Cは何も値幅だけに反映されるものではありません。変化率で考えることもできます。
変化率もA波17.32%とB波18.78%となりました。
(ジグザグ修成波のパターンは面倒なので割愛)
しっかりとA=Cとはなっていませんが、だいたい目標値になっていると見ることができます。

また、画像で示した通りウェッジのラインを引いています。
下にブレイクしているじゃないかと思うかもしれませんが、ウェッッジは一時的に逆方向にブレイクしやすいと言われています。(同じことが3/6でも起こっています。)
エリオットではウェッジは1波、5波、C波に出やすいと言われています。私は今回のウェッジはC波に出たと考えています。

以上です。
損切りラインも明確ですね。

ただし、一つ注意が必要なのは日足レベルのトライアングルです。
上に引かれた水色のラインをブレイクするまでは警戒するべきです。

どんな時でも損切りは考えておきます。
自分が間違った分析をしている可能性があるので。
コメント: 訂正
誤 (ジグザグ修成波のパターンは面倒なので割愛)
正 (ダブルジグザグのパターンは面倒なので割愛)

関連したアイデア

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト