trudi-panda
ショート

日足20SMA抜けもトレ転は遠いか?

BITFLYER:FXBTCJPY   FX Bitcoin / Yen
124 views
2
124 0

日足チャートです。ここ数日は乱高下したようで、下値を切り上げながら同じレンジ内での値動きになっています。

BTCにおいては、日足20SMAを上抜けたらL、下抜けたらSという単純な戦略が驚くほど機能します。
それではLを打ち込めば良いか?というと、それはまだ早計な感じです。

現在のところ、形ばかりは20SMAを抜けた格好になっています。
しかし、過去、移動平均線(20SMA)が下向きの時に上にちょっと顔を出した場合は毎度下げています。
今回、上抜けはしましたが非常に弱いので、もう1度下値を探る可能性が高いのでは?と感じています。
短期的にトレ転するとしても、20SMAが横ばいに近くなってからかな?という印象です。

ここ最近の値動きのせいで、デイ~スイングの参加者はげんなりしていると思われますが
一方で、値幅に対して出来高がかなり大きくなっています。なぜかと言えば、今の値動きは勝ちやすいのです。
ボリンジャーバンドが収縮し、1時間足が20SMAと交差したくらいから上下いずれかに急変動、そこからリバってレンジ。
この1ターンで3万円分くらい値幅を取れます。このチャンスを狙って待てば良いのです。
チャンスが来たら一気呵成にトレードするスタイルの人が出来高を増やしているのだと推測します。
この作戦が通用しなくなるまでは、トレ転は難しそうです。

ちなみに私はどちらかといえばショート目線ですが、出来高アラートだけかけて静観です。
BITMEXショックで76万まで上昇した後、74万でうろついてからの69万までの急落は印象が悪いです。
もしデイ目線でショートを入れるとしたら74万近辺から売りあがるのが手堅いのではないでしょうか?
また、張り付いて急変動の初動を狙うとしたら、深夜と早朝と夕食時がハイリターンでしょう。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト