kurolisu

日経先物、もみ合いトレンド継続

ショート
FOREXCOM:JPXJPY   Japan 225 CFD
日経平均は、週間で約250円急落しました。
移動平均線は、24BBは上向き、75SMAを横ばい、200SMAとの乖離幅を狭めてきています。
高値近辺オプションの30875円と安値近辺オプションの26875円のフィボナッチをとると、
23.6%の29930の水準を下回り、38.2%戻しの29375が節目として意識され、約5%安の水準です。
今後の予想は蛇行するチャートかもしれません。念のためのショート戦略です。
日本では、9/23時点で、1回目のワクチン接種者は67%を超えてきました。
中国では、中国恒大のリスク動向も目が離せない状況にあり、
香港ハンセン指数の構成銘柄の急落が続いていることから、警戒態勢をとっています。
寄与度分析(昨年比)
上昇銘柄:東京エレクトロン、リクルートホールディングス、アドバンテスト、テルモ、KDDI、
下落銘柄:ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、中外製薬、TDK、エムスリー
表示チャート
左軸:豪ドル円とカナダドル円とポンド円の合成通貨
右軸:日経先物
アルゴリズムは75SMAショート戦略です。
データ通り、勝率は6割、プロフィットファクターは1以下なので、劣勢アルゴリズムです。