解説

チリの株式市場はいくつかの株式取引所からなりたっていますがボルサ・コメルシオ・サンティアゴとしても知られるサンティアゴ株式取引所(BCS)が同国最大の取引所です。1893年に創設され、同国の首都であり、最大の都市であり、金融センターでもあるサンティアゴを拠点としています。取引所はチリ証券保険監督局(SVS)により監督されています。BCSは214の企業株式を上場しており2100億米ドルの時価総額を有し、ラテンアメリカでは三番目に大きな市場です。社債、ETFや固定金利金融商品も扱っています。

上場株式には名前の知られた、活発に取引されているエンプレサス コペック、 イタウ コープバンカ, センコスーズ、 バンコ・デ・チリ、エンテル等があります。主要な株式指標は過去6か月間で最も平均出来高の多い40銘柄よりなるチリ IPSA指数 (IPSA)で、四半期ごとに見直し、改定がなされます。他の重要な指標には上場株式の大半を集めたthe IGPAや、外国市場に上場され、一日平均出来高が最大の10 IPSA銘柄を集めたINTER-10があります。

ニュース

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト