FX365_Thailand

Dow Theory Trend Direction Visualizer

Japanese below / 日本語説明は下記

Overview
What is difficult for beginner traders is to identify trend occurrence, continuation and reversal.
This indicator visualizes market direction by changing background colors based on Dow Theory so that traders can visually grasp trends.


Sample chart


Functions
1.MTF Higher High/Lower High/Higher Low/Lower Low(HH/LH/HL/LL)

  • Indicator shows HH/LH/HL/LL of an upper timeframe(MTF) and those of chart’s timeframe at the same time.

  • As usual, HH/LH/HL/LL of chart’s timeframe can be used to identify trend continuation based on Dow Theory while MTF HH/LH/HL/LL can be used as support/resistance .

  • Auto and manual mode for MTF
    When you select “Auto” mode, then an upper timeframe will be automatically determined as MTF based on chart’s timeframe. If “Manual “ mode selected, then you need to specify MTF timeframe.

  • MTF HH/LH/HL/LL are displayed only below the selected MTF timeframe so it will not disturb when you open higher timeframe.
    For instance, if you select daily timeframe as MTF, then HH/LH/HL/LL of daily timeframe will be shown on 4 hour or below timeframes.

  • Auto and manual mode for MTF
    When you select “Auto” mode, then an upper timeframe will be automatically determined as MTF based on chart’s timeframe. If “Manual “ mode selected, then you need to specify MTF timeframe.

  • MTF HH/LH/HL/LL are displayed only below the selected MTF timeframe so it will not disturb when you open higher timeframe.
    For instance, if you select daily timeframe as MTF, then HH/LH/HL/LL of daily timeframe will be shown on 4 hour or below timeframes.

Sample chart ( AUDJPY 4H + Daily timeframe HH/LH/HL/LL )

In this chart, you can see two different timeframe’s trend.
In 4hour timeframe, a new high recorded as HH and in daily timeframe , lows going up from LL to HL and high going up from LH to HH hence daily chart is uptrend.
Also, you can predict that Daily HH would be respected as resistance line.



2.Visualize trends direction with colors based on HH/LH/HL/LL.
Background color will change based on break up/down of HH/LH/HL/LL.



———————

トレードを習得する上で多くの人が苦手意識を持つ「目線付け」。
この目線付けをダウ理論を元に訓練するためのインジケーターを開発しました。

高値·安値の更新状況に応じて相場の方向性を色で可視化するため、視覚的に目線付けをすることが可能です。

サンプルチャート


ダウ理論による目線付けの二つの方法
これは僕の持論ですが、ダウ理論による目線付けの方法には、「トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する」という原則を共通の拠り所とする二つの方法があると考えています。

一つは日本人投資家/トレーダーにも良く知られている押し安値·戻り高値を基準とする方法。そしてもう一つは高値·安値の切り上げ·切り下げのみを基準とする方法です。

このインジケーターは後者の方法で目線を可視化します。
(もちろん押し安値·戻り高値と併用した目線判断にも活用可能です。)


機能
1.上位足とチャートの時間軸両方のHigher High/Lower High/Higher Low/Lower Low(HH/LH/HL/LL)の表示(MTF機能)

  • 上位足タイムフレームのHH/LH/HL/LLとチャートタイムフレームのHH/LH/HL/LLを同時に表示することができます。

  • チャートタイムフレームのHH/LH/HL/LLはダウ理論に基づくトレンドの継続・反転の判断用に、上位足のHH/LH/HL/LLは上位足での高値・安値の切り上げ/切り下げ判断及びレジスタンス・サポートとして使うことができます。

  • 上位足の選択には自動モードとマニュアルモードが選択可能です。自動モードを選択した場合、チャートのタイムフレームに応じて上位足が自動的に決定されます。マニュアルモードの場合は選択した時間軸が上位足タイムフレームとして適用されます。

  • 上位足のHH/LH/HL/LLは選択したタイムフレーム未満でのみ表示されます。例えば上位足のタイムフレームとして日足を選択した場合、日足のHH/LH/HL/LLは日足未満でのみ表示されます。


サンプルチャート ( AUDJPY 4H に日足のHH/LH/HL/LL を表示)


このチャートでは二つの異なるタイムフレームの高値・安値更新状況を一度に把握することができます。
4Hでは高値の切り上げが発生しているため、安値を更新しなければ上昇トレンド確定です。一方日足では安値がLLからHLへ(赤の矢印)、高値がLHからHHへと切り上がり(緑の矢印)、上昇トレンドであることがわかります。
また、この場面では上位足のHHがレジスタンスとして機能する可能性も予測できます。


2.目線の方向を色で可視化
HH/LH/HL/LLの更新状況から目線を判断し、背景色とともに可視化します。


Higher High/Lower High/Higher Low/Lower Lowとは何か?
日本人投資家/トレーダーの中にはあまり馴染みのない方もいるかと思いますので、定義を記載します。

Higher High(HH)
切り上がった高値を意味します。当インジケーターでは一つ前の高値(HH/LH)から切り上がった場合にHHとしています。

Lower High(LH)
切り下がった高値を意味します。Lower Highなのでより低い方の高値という意味です。当インジケーターでは一つ前の高値(HH/LH)から切り下がった場合にLHとしています。

Higher Low(HL)
切り上がった安値を意味します。Higher Lowなのでより高い方の安値という意味です。当インジケーターでは一つ前の安値(HL/LL)から切り上がった場合にHLとしています。

Lower Low(LL)
切り下がった安値を意味します。当インジケーターでは一つ前の安値(HL/LL)から切り下がった場合にLLとしています。


使い方
高値·安値の切り上げ·切り下げの判断及びトレンド継続·転換の判断に活用


■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG
招待専用スクリプト

このスクリプトへのアクセスは作者が許可したユーザーに制限されており、通常はお支払いが必要です。お気に入りに追加することはできますが、許可を申請して作者が許可した後でなければ使用することはできません。 詳細については FX365_Thailand にお問い合わせいただくか、以下の作者の指示に従ってください。

スクリプトの作者を100%信頼され、スクリプトの動作を理解されるまでは、スクリプトに代金を支払って利用される事をTradingViewはお勧めしません。そして多くの場合、公開ライブラリでオープンソースの無料の代替品を見つける事ができます。

作者の指示

This indicator is invite-only indicator for my membership members. Please contact me via PM. このインジケーターは招待制のインジケーターです。 現在はメンバーシップ参加者限定で配布をしています。 メンバーシップの概要は署名欄を参照ください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?

注: アクセス権をリクエストされる前にご覧ください