FX365_Thailand

U.S. 10 Year Treasury Yield Changes Monitor

Japanese below / 日本語説明は下記

Hello traders,

I guess not a few traders have difficulties these days in market due to US government bond’s yield fluctuation.
Yesterday dollars strong, today dollars weak… so what’s next?

In order to catch up US treasury yield situation, I have developed this indicator which shows changes in 10 year treasury yield.

It calculate changes from last candle stick in percentage based on timeframe you open.
If changes(%) cross over/under upper band/lower band(can be parameterized), signal will be shown. (Alert can be set, too)


The following chart is AUDUSD 4 hour chart.
It’s been sideways since begining of Mar.



Looking at this, some tendencies can be observed.
If 10 year treasury yield changes more than 2%(upper band/lower band), rates tend to turn the way most probably due to US dollars’ strong buying/selling pressure.

This trend might go on until the yield situation gets stable and what we can do is to closely monitor this yield changes and try
not to enter a trade within sideways until the market signal clear directional movement .

Hope this helps.

—————

昨今の米国長期金利の動向に左右される相場の状況を踏まえ、米国10年国債利回りの変動率を表示するインジケーターを作成しました。

表示しているタイムフレームに応じて、最後のローソク足からの変化率をオシレーターとして表示します。(必然的に分足等の短い時間軸では意味をなさないと思いますので最低でも1時間、基本は4時間足以上で見るのが適していると思います。)
変動率がアッパーバンド、ロワーバンド(設定可能)を超えた時にシグナル、アラートを設定することが可能です。

以下のチャートは豪ドル/ドル( AUD/USD )の4時間足です。
3月月初からはレンジであることが見て取れると思います。



3月以降の利回り変化率とレートの兼ね合いを見ると、変動率がプラスマイナス2%(上下バンドのライン)を超える変動があると、ドル買い方向、ドル安方向に転換していくこと傾向を見ることができます。

長期金利の動向が安定するまではこうしたレンジの状態が続く可能性もあり、明確な方向性が出るまで手を出さないというのも手かもしれません。


保護スクリプト
このスクリプトはクローズドソースとして公開されており、自由に利用することができます。お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。但しこのスクリプトのソースコードを閲覧したり変更することはできません。
チャートでこのスクリプトを利用したいですか?
■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

■note
https://bit.ly/3dMJLDd

コメント