Cash to debt ratio

What is Cash to debt ratio?

Cash to debt ratio counts as Cash & Equivalents divided by Total debt. It is not calculated for banks and varias based on how a company’s balance sheet is prepared and the sector or industry it is in.

Formula:

Cash equivalents / Total debt

What does Cash to debt ratio mean?

This ratio indicates a general financial condition of a company. A high ratio indicates a company can pay off its debt and remain solvent into the foreseeable future. In addition, it also means that if necessary, the company can take on a larger amount of debt because it has the cash to support that.

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト