masao_shindo

移動平均線大循環分析 初級編 

教育
TSE:9757   船井総研ホールディングス
移動平均線大循環分析を検証してみましょう。

(9757)船井総研ホールディングスの日足チャートです。

銘柄よりもチャートの形状に注目です。

移動平均線大循環分析の基本は
第1ステージで「買い」、第3ステージで「決済」
第4ステージで「売り」、第6ステージで「決済」

トレーディングビューでは、ステージにより色が変わり、ローソク足の下にステージ(数字1~6)が表示されます。
初級編では、これだけを忠実に守るだけで、ある程度は収益をプラスに出来るはずです。

ただ、ここから勝率とRR比率を向上させるには、さらなるレベルアップが必要です。

そのカギを握るのが「大循環MACD」です。
チャート上の第4ステージが続いているところで、MACDが先行して切り返しているのが分かります。
これが、大循環MACDを活用する基本となります。

この大循環MACDを活用することで、
第6ステージで「買い」
第3ステージで「売り」
をするという一歩早く仕掛けることが出来るようになります。

移動平均線大循環分析で第5ステージで「買い」の準備をするという方法もありますが、
大循環MACDを活用することで、その準備をもっとスムーズにすることができます。

詳細は小次郎講師のトレード手法をみれば出てきますが、
MACDの役割を理解することで、トレードの幅が広がりますね。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。