FX365_Thailand

【AUDCAD】相場分析20200816 オージーカナダはキウイカナダの後を追って下落するか?

ショート
FX:AUDCAD   豪ドル/加ドル
【サマリ】
今回は一味違った分析&実験です。
タイトルにもある通り、オージーカナダが、キウイカナダの動きを追って同じように下落して行くのでは?というものです。

僕の個人的な観測ですが、豪ドルとキウイドルを相手にもつ通貨ペアはそれぞれ似た動きをし、通常キウイドルを相手にもつ通貨ペアの方が一歩先を行く動きをすることが多いです。
例えばAUD/USDとNZD/USD。GBP/AUDとGBPNZD。
気になる人は見てみてください。

オージーもニュージーも隣り合った資源国ということで似た動きをするというのはよく知られた事実ですが、ニュージーが先を行くことが多いというのが興味深いです。

ということで今回はオージーカナダとキウイカナダを比較して、オージーカナダの後追い下落を考察します。

【環境認識】
日足
長らく上昇トレンドが続いていますが、三尊形成からの下げで上昇チャネルの下限に到達したところです。

<オージーカナダ日足チャート>

キウイカナダの日足ではトリプルトップの後、上昇チャネル下限を抜けて大きく下げてきています。
<キウイカナダ日足チャート>

両通貨ペアが似た動きをし、キウイ側が動きを先行するということであればオージーカナダもこの後下落してくるのでは?という仮説を立てることができます。
この仮説をオージーカナダのチャートで検証してみます。

4時間足(最上部チャート)
4時間足でのポイントは以下です。
・三尊完成で高値の切り下げから、(4)の押し安値も切り下げている
->下落トレンド転換
・三尊右肩のABC波は、(C)点が(A)のフィボR1.618付近と綺麗なN字波動を描いている
・(C)点(青字)で上昇チャネル下限へ到達した後、連続陽線で反発上昇
->3波で上昇し(緑のABC)、エリオット波動の3-3-5調整で下降していく動きが想定できる(青(3波)->緑(3波)->赤(5波)の波動)
(緑の波動の行き先には日足の20MA(ピンクのゲジゲジ線)が控えており、ここで反転下落する可能性は高い)
・キウイカナダがトリプルトップ形成後に大きなN字波動で下落している。(下記比較チャート参照)
->オージーカナダも大きなN字で下落していく可能性がある(青->緑->赤波動の大きなN字)

<キウイカナダ(左)とオージーカナダの4時間チャート比較>

ということで、テクニカル的にみてもここまで材料が揃っているので、緑のABCの(C)点あたりから売ってみようと考えています。
■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

■note
https://bit.ly/3dMJLDd