G283

過信されはじめたサポートラインに注意

ロング
BYBIT:BTCUSD   ビットコイン/米ドル 無期限契約
前回の記事を投稿したのち早速黄色のサポートラインを試す動きがあり、合計5回の実体サポート。

Bybitのチャートでは、若干実体を割ってはいたが、他のデリバ主要取引所ではしっかりとサポートできたことを確認。
(私はBybitとBinanceでポジションを持っているので一瞬判断に悩んだが判断基準としてはBinance 〉Bybit)

前回の記事の通り一時的にヒゲで割ることはあってもそんなに心配はないとその通りの展開。

尚、予測したキャンドルにおいてもほぼ忠実な値動き。

昨夜25時の4hキャンドル確定の位置と、板の状況から次の4h確定で一旦56.0k付近での利確売りが入る予兆を確認し、
その後案の定、5時直前に上昇開始。4月26日からのロングポジションは約60%を利確。(Twitterにて更新)

その後一時的に売られ、再度黄色のサポートラインが機能することを確認して落とした分のロットの約80%を再度追加。

こういう相場では確定利益を積み上げつつ追加していくトレードがマスト。

今後の値動きとしては、一旦サポートを割る動きがあってもおかしくはない。

その根拠としては、
① 徐々に減少している出来高
② 段々と過信されはじめた黄色のサポートライン。

私は、水平線やトレンドラインは永遠に有効とは思っておらず、時間経過とともに徐々に機能を失っていくという持論。そして、それらから起こる現象としてはラインを過信したトレーダーによる置きっぱなしとなった指値狩り。

するとジワジワとサポートを実体で割っていき、損切りや利確の連鎖で一気に走ってもおかしくは無い。

基本的にラインに指値を置くのは禁物で、注文前にきちんと現在も機能するラインなのか確認することがベスト。

それが時間的に困難な場合は分散して指値を置くことを心掛けている。

尚、月内は紫のボックス内での動きという見立てに変わりはなく、一時的に実体で割ったとしても52.9k-51.7kではないかと思う。

関連したアイデア

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター