HirokoFR

WTI原油月足チャート200SMAに阻まれ調整入り

ショート
NYMEX:CL1!   軽質スイート原油(WTI)先物(当限つなぎ足)
429 views
7

2008年高値147.27ドルから20年4月に▼40.32ドルをつけるまで
12年にも及んだ長期下落トレンド。
上値レジスタンスを21年5月に上抜け、下落トレンドは終了しています。

しかし足元では200ヶ月移動平均線に阻まれ反落。
2018年10月の高値76.90ドルとほぼ面合わせでのWトップ。
調整を強いられる展開となっています。

調整の目処は20年5月安値18.05を起点に今夏7月の高値までの
上昇幅に対してのフィボナッチリトレースメントで
38.2%押しが54.47ドル。半値押しとなるなら47.52ドル。

ここまで下げずにこれまでの上値レジスタンスであった
グレーのラインにタッチしたところで反発できれば押し目完了となりますが
200SMAの抵抗は強烈であるため一度レジスタンス下まで頭を叩かれる
リスクにも留意しておきます。

コメント