trudi-panda

一旦底打ちか?過去チャートの示唆

ロング
BITFLYER:FXBTCJPY   FX Bitcoin / Yen

急落前に、出来高が減少し、20SMAと50SMAがぴったりくっついてしまった状況は2017年7月以来と書きました。
私はその時、また60万台に突っ込むわけがないと思っていたので、引き続きL目線でいたのですが
蓋をあけてみればきっちりと同じように急落しました。自分の分析通り高いところのSを持っていれば…というところですが
それが簡単にはできないのが相場というものです。細かいトレードを繰り返すうちに全体を見失ってしまったりするのですよね。

では改めて、今回とよく似ている2017年7月のチャートと見比べてみましょう。
今回は200SMAのかなり手前からソーサートップで急落でしたが、2017年7月の20万円の急落の方が遥かに悲壮感がありました。
考えてみれば、あの時は35万の史上最高値を2回伺ってからの20万なので、下落幅は今の比ではありません。
75万が40万円台に落ちるくらいのインパクトです。私は、その時15万以下も伺うのでは?と思ったことをよく覚えています。

で、その後どうなったのか?結局、9月半ばに急落がありましたが、そこが一番の買い時でした。
今回の60万円台も、同じ可能性があると見ても良いのでは?と思っています。

1つ気がかりなのは、200SMAとの位置関係です。去年はずっと上げていましたので200SMAの上なのですが
今年に関しては、200SMAがずっと蓋になっています。相場全体が下げムードなので、復活するかは微妙です。
もしも余裕があるなら、もう1段の下落をにらみながら現物を買うのが良いでしょう。

BTCが苦境である一方、BittrexやBinanceでは様々なコインがPumpされています。
私が少しずつマイニングし続けているRVNもそうです(THCは逆に沈んでしまいましたが…)。
現物を買って、動きのある新興コインや着実に開発が進んでいるコインに投機してみるのも良いかと思います。