miyamto

GBP/USD リターンムーブでレジサポ転換なるか 10月5日

ショート
FX:GBPUSD   ポンド/米ドル


CXRトレーダー宮本です。

ポンドドルの相場分析です。

高値圏でのレンジを下抜けしたことで短期的な下降トレンド、その後の上昇も高値を切り下げ、中期で下降トレンドが形成されました。

しかし、あくまで日足や週足の上位足では上目線なので、下がったら買いたいと思っているプレイヤーも数多く存在していました。

中長期のロングプレイヤーの多くが注目していたラインが、1.3600周辺の水平線だと感じます。

中期下降トレンド中に安値を更新出来なかった際は、やはり強烈な買いが入り、当初引いていた下降平行チャネルの上限を上抜けした程でした。

そこでのダマシはロングプレイヤーにとっては相当な痛手になり、一度は水平線で反発したものの、4度目で下抜けブレイクしました。

今後そのまま下落せず戻しの勢いで水平線やチャネルをブレイクする可能性も十分にあり得るので、注意する必要もあります。

4時間足では、水平線下抜けブレイクで急落までは良かったものの、その後のリターンムーブが思ったよりも強いです。

水平線を上抜けする可能性も考えながら、これがリターンムーブになるのか注目です。

上抜けした場合は、4時間足200MAやRCI、下降平行チャネルの上限を背に戻り売りの戦略をとりたいと思います。

中長期的にドルが強いと判断しているとはいえ、それ以上にポンドが強くなる可能性もあるので、ユロポンやポンド円の値動きを見ながら、臨機応変に対応していきたいと思います。