NASDAQ:HSKA   Heska Corporation
1.大陰線後の出来高伴う陽線。
2.値幅はあるが出来高が少ない。
3.安値付近で出来高伴う陽線。
4.50dSMAで下に反発。
5.決算前の出来高伴う買い。
6.高値で出来高平均以下の陰線。
7.出来高を伴う陰線。
8.高値付近で出来高減少の陰線。

1.機関の買いがスタート。
2.出来高が増えてないので機関が動いてないのがわかる。出来高が増えているところでは上下に髭があり中央で引けている。
3.安値で買いが入る。翌日の出来高伴う陰線は中央で引けている。
4.50dSMAで反発される。その後出来高は減少。
5.決算前と当日に買いが入る。高値で売るが出るが出来高は減少。機関は売ってないようにみえる。
6.高値でまだ売り圧力がある。
7.寄りで短期のトレンドをブレイク。売り圧力に負け陰線になる。
8.前回売りが出た高値で売り枯れになる。

いろんな視点からの話が聞きたいです😁
※短い文にするため言葉がおかしくなってる可能性があります。
※縦点線は買いポイント。
※白い縦線は機関の買い予想。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。