Tomo51840633

来週は20000円の大きな節目の前に、どのような動きを見せるのか要注目である。

OANDA:JP225USD   Japan 225
123 views
1
日経平均はコロナウィルスのショックで大きく下げているが、NY時間金曜日の終わりには21000に戻して引けている。

日経平均はここ十年のレベルでは底値水準にある。

・騰落レシオ(25日):53.31%(70を割れると一般的に売られすぎとされる)

・サイコロ(12日):3勝9敗(3勝9敗で売られすぎとされ、2勝10敗で大底を形成すると言われている)、もし3月2日に値下がりするようであれば2勝10敗となる。

・移動平均乖離率(25日)は、-9.5%で月曜日に20900円以下であれば、-10%を下回り、かなりの売られすぎゾーンになる。

ただ、これらの指標も、例えば、リーマンショック時には移動平均乖離率(25日)は-39%、サイコロは1勝11敗まで落ち込んでおり、さらに市場の恐怖感が強まれば要注意ではある。

来月3/13のSQまでは乱高下すると思われるが、安値の目安としては、リーマン級のショックは想定しない前提で20000円、それを下回る場合、一昨年年末の最安値18982円が意識される。

戻りの目安は、現物の金曜日の安値の20916円と1/17の高値24115円の半値水準=22515円、それを超えれば25日移動平均線が上限か?

いずれにしても、5日線、25日線の向きに注目していきたい。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト