masao_shindo
教育

パラボリックについて~パート2~

TVC:SHCOMP   上海総合指数
319 views
19
319 0
ナスダック総合指数の週足チャートです。

以前も一度掲載しましたが、
先日パラボリックについての話題が出ましたので、再掲します。

パラボリックはトレンド転換の指標です。
SAR , Stop And Reverse (Parabolic)と英語では書きますが、
日本語では途転(どてん)となります。

トレンド転換の一つとしてパラボリックは有効ですよね。
移動平均線大循環分析と一緒で、見た目で「買い」、「売り」が一目瞭然です。
パラボリックは途転システムですので、パラボリックでの仕掛けとなると、常にポジションを持ち続ける理屈になります。

仕掛けでパラボリックを使う方も多いと思いますが、
手仕舞いでのトレイリングストップとしてパラボリックを使う方もいらっしゃいます。

こういったオシレーターもありますので、
ご自身に合ったトレードルールを作りましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト