kurolisu

NYダウ先物、軽い調整局面

CURRENCYCOM:US30   ダウ平均株価
NYダウ先物は、週間で約220ドル下落しました。
4時間足で見た時では、24BBは下向き、75SMAは上向きでサポートされているように見えます。200SMAはやや緩やかな上向きです。
米国3年債は9月末終値:0.5136%→0.848%に上昇しています。米国では、11/15(月)からテーパリングが始まります。
毎月150億ドルずつ(米国債100億ドル、住宅ローン担保証券50億ドル)減額していく見通しです。
10月のPPI(前年同月比)は+8.6%で、10月のCPI(前年同月比)は、+6.2%で、近年でも珍しい力強い物価上昇で、利上げを待ちかねている印象です。
戦略は、ロングから中立(売買非推奨)に変更します。36250ドルが上値抵抗になるのであれば、軽い調整局面を想定します。
気になるのは原油価格の値動きです。
寄与度分析(2週間前比)
2週間前との上昇・下落の寄与度で、DISが急落しました。
上昇銘柄:DOW、BA、WBA、AXP、MMM
下落銘柄:DIS、IBM、MRK、TRV、GS
左軸:米国3年債利回り
右軸:NYダウ先物