kurolisu

NYダウ先物、一時的な調整?

CURRENCYCOM:US30   ダウ平均株価
NYダウ先物は、週間で約760ドル下がりました。節目として意識していた34750ドルを割れました。アップルの訴訟が嫌気されたようです。
移動平均線では、24BBが下向き、75SMAと200SMAがデッドクロスしそうです。
最近は、ボラティリティインデックスのオプション満期日に向けて急落していますが、今回も同じパターンな気がします。
売りはしませんが、この急落が一時的な動きなのか注目しています。DJIA VOLATILITY ( VXD ):17.98でやや拡大しています。
戦略は、ロングから売買非推奨(中立)に変更します。
ただ、4時間足でRSI25%を割れる局面では、逆張りのロングでも良さそうな気がします。

寄与度分析
ヘルスケアセクターの下落が目立ちます。どの銘柄もチャートの形が悪く、牽引銘柄の特徴を見つけられていません。
上昇銘柄:DIS、INTC、HD、NKE、MCD
下落銘柄:AMGN、MMM、MRK、JNJ、UNH

気になる経済指標
・米国経済は、NY連銀が発表しているWEIを見る限り、停滞しているように思えるので、
 9月のNY連銀製造業景気指数は注目しています。
・8月のPPIは前年同月比で、8.3%上昇でした。物価上昇は続いています。

関連したアイデア

コメント