kurolisu

NYダウ先物、200SMAで上値抑えられるが、ロング目線

ロング
kurolisu Premium アップデート済   
CURRENCYCOM:US30   ダウ平均株価
NYダウ先物は、週間ベースで約400ドル上昇しました。
4時間足の移動平均線は、24BBが上向き、75SMAはわずかに上向き、200SMAが上値を抑えている感じです。
ダウのボラティリティインデックスは19.34で減少しました。
戦略は、週明けの値動きの方向性によりますが、逆張りのロングを継続します。
下がってきたら、ロングエントリーです。ロスカットラインは34250ドルです。
米国の債務上限の問題と、特に台湾のヘッドラインには注意したいところです。
11月のテーパリングは、関心がなく、全く気にしていません。
株価指数先物は、上値が重いと思いますが、債務上限が切り上げされれば、
相対的なドルの貨幣価値は下落すると思いますので、資源高になり、
巡りに巡って米国の株式市場に資金流入があると思います。

週間の寄与度では、ヘルスケアセクターと通信系のセクターの弱さが気になります。
上昇銘柄:UNH、NKE、CVX、GS、TRV
下落銘柄:AMGN、VZ、CRM、MRK、CSCO
コメント:
ロスカットラインが絶好の押し目買いポイントになってしまいました。
戦略はロングの維持。史上最高値更新で利益確定。
気になる動きは、通信が弱く、カスタマーディフェンシブが強い動きです。
2週間前からの寄与度分析
上昇銘柄:UNH、NKE、GS、HD、CRM
下落銘柄:BA、MRK、VZ、AMGN、JPM
トレード終了: 利益確定目標に到達

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。