mikan-ya-EURUSD

ドル円:4時間足の逆張りが有効か?ただし、状況が変われば撤退は素早く…

FX:USDJPY   米ドル/円
134 views
7
~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

10:01 2018/10/13記載

   週足を見ると、バンドの形はまだ上を向いているようです。10月1日週足で+2σを上抜けていたものの上ヒゲの長い十字線「トウバ」の形となり、先週(10月8日週足)は9月24日週足(始値112.40円、安値112.40円)を全否定(安値111.83円、終値112.20円)したように見えます。高値圏でのこの形は、「三川宵の明星」に見えます。教科書的には売りサインが点灯したということになりそうです。

   バンドを見ると、かろうじて+1σ付近でとどまって引けました。週明け反転して週足+1σ~+2σのラリーになる可能性はゼロではありませんが、先週の大陰線を見ると、その可能性はあまり期待できません。また、9月10日週足よりサポートとして機能してきた5週平均線も、先週の週足でしっかり下抜けしています。

   これらのことを考えると、短い時間足ではともかく、週足レベルでは下目線で考えざると得ません。突っ込んでショートするか、少し戻したところをショートするかは判断が難しいところです。とりあえず、週足がしっかり5週平均線を下抜けたことから、軽めのお試しショートで臨み、5週平均線をしっかり上抜けるまでは、日足以下の短い時間足で売りポイントが出たら積極的にショートしたいと思いました。

・週足バンドはまだ上を向いているよう
・高値圏での「三川宵の明星」サイン点灯か?
・週足+1σ~+2σのラリーになる可能性はゼロではないが期待は難しそう
・5週平均線をしっかり下抜け
・週明け軽めにショート
・短い足で売りポイントが出たら積極的にショートしたい
・5週平均線をしっかり上抜けたら様子見



~ドル円日足~

20:58 2018/10/17記載

   日足を見ると、バンドの形は上向きからヨコヨコに変わりつつあります。日足レベルでは大きな方向感がなくなるのかもしれません。直近の日足高値(114.54円)・安値(110.38円)の更新は少し先になるかもしれません。

   10月15日日足の陰線を16日日足の大陽線で全否定し、一時的(もしくは本格的)にトレンドが変わった可能性も出てきました。また、15日日足安値(111.62円)が、8月21日安値(109.77円)と10月4日高値(114.55円)によるフィボナッチ61.8%(111.59円)付近にあたり、N字を描いた上昇波動になる可能性も十分考えられます。もしN字型上昇をするのであれば、8月21日安値~10月4日高値の値幅分4.75円を上昇した116.37円が目標値となります。ここまで上昇するかは疑問ですが、もし一本調子で上昇した場合の最終目標と考えたいと思います。

   16日の大陽線による全否定がダマシ、もしくはトレンドレスのヨコヨコの動きになる可能性も否定できません。もし、5日平均線を実体で下抜けるのであれば、日足安値圏でもみ合う可能性も出てきます。その時は日足レベルの上目線はいったん中断し、少し状況をみて目線を考え直したいと思います。


・日足バンドは上向きからヨコヨコへ
・高値(114.54円)・安値(110.38円)更新は少し先になるかも
・フィボナッチ61.8%ではね返された可能性も
・この後一本調子で上昇するなら目標は116.37円(そこまで上昇するかは疑問も残る)
・5日平均線を再び実体で下抜けるならば、日足レベルでトレンドレスの可能性も



~ドル円4時間足~

21:20 2018/10/17記載

   4時間足を見ると、バンドの形はヨコヨコになっています。それまではりついていた16日10時足で-1σをしっかり上抜けました。そのまま25本平均線もはね返すこともなく上抜けています。これまでの25本平均線~-2σのラリーは崩れたように思いました。

   4時間足バンドがヨコヨコの動きになっていることから、少しの間は±2σのラリーになるのでは?と思います。また、4時間足高値(112.53円)安値(111.62円)が±2σをしっかり抜ける必要もあることから、この±2σをしっかり抜けるのは相当なエネルギーが必要があると思います。

   そう考えると、今回は逆張りが有効かと考えています。具体的には+2σ付近でショート、-2σ付近でロングで考えています。

   4時間足±2σをしっかり抜けバンドウォークする可能性はないわけではなく、むしろ、抜けるとそれなりに勢いが出る可能性があると考えています。そのため、この逆張りはすぐに撤退できるようにしておきたいです。もし上向きバンドウォークをした場合、日足レベルでこれまでの下落トレンドからしっかりとした反転し、上昇の勢いが強くなると思っています。日足レベルの上目線で考える必要があります。逆に、下向きバンドウォークするならば、4日6時足より続いている下値切り下げのトレンドはまだ続いていることになります。25本平均線~-2σのラリーが崩れていることから、下値切り下げのトレンドの勢いはそろそろ終焉を迎える意識は持ちつつ、下目線で考えたいと思います。


・4時間足バンドはヨコヨコ
・25本平均線~-2σのラリーが崩れている
・±2σのラリーになるか?
・逆張りが有効か?+2σ付近でショート、-2σ付近でロング
・どちらかの方向でバンドウォークするなら、相当な勢いが出るかと…
・なので逆張りポジションはすぐに撤退できるように


  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:     

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト