EWA-tokyo
ロング

USDJPY 波動分析(7/6)

OANDA:USDJPY   米ドル/円
今週も終わりましたね。
7月3日のお昼休みに、
前回のアイデアにメッセージを追加しましたが
見て頂けましたか?
いつも書きますが、自らのチャートに波引きしつつ
人のアイデアを参考にしないと意味がありません。

今回は、エリオット波動分析するトレーダが
どの辺りからロングで入り始めているのか
体験してもらいたいと思い
いつもより早めにメッセージを載せました。

但し、フォロワーを地獄に落とす訳にも行かず、
様子見をしてから書きますから、
ポジションを持ち終えた所と書いた方が正確です。

7/3のケースでは、
C波の副次波3波終点から両持ちで入り始めるトレーダも居るでしょうし、
私は、下の段階の2波と4波終点を結ぶ平行チャネルを
1波終点から引いて5波終点を予測したうえで
追加ポジションを並べていましたから
次の波動の起点付近で買うことになりました。
私の仕込みはこれで完成です。
ドル円, 1h足


「頭の先と尻尾はくれてやれ」とよく聞きますが、
頭の先を予測し準備しなければ、買うべき所で買えませんし、
揉み合う所で買っていては、
含み損を抱える時間も長くなり疲れちゃいますよね。

現在の位置ですが、
上の段階のE波(オレンジ)の副次波C波(黄緑)が完成し、
同じE波の副次波D波(黄緑)の更に副次波(a)波(黒)にあると予想します。
副次波(a)は、更に下の階層の青線で示す(i)波と(ii)波が完成し、
( iii )波展開中ではないでしょうか。
ここで、4時間足チャート上で示す
今後の波動はイメージです。当てにしてはいけません。
ドル円, 4h足


現在、私たちは、赤線で示すトライアングルの
レジスタンスを抜けた位置にいますから、
上の階層で新たな下降トレンドが開始されたと考えるトレーダが
週明け早々に売ってくる可能性があります。
すんなりと抜かせてくれるでしょうか?楽しみですね。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト