mikan-ya-EURUSD

ドル円:下目線は一旦休憩、ピンクのラインでの反応を見てからでも十分遅くないかと…

FX:USDJPY   米ドル/円
141 views
1
141 0


ドル円
20:54 2018/02/26


ドル円のポイント
・日足-1σ~-2σでラリーが継続
・4時間足バンドがヨコヨコ
・4時間足-2σ付近にピンクのラインが位置している



ドル円の予想とトレード
・セオリーでは下目線だが、今回は様子見
・ピンクのラインをしっかり下抜けてから下目線復活で…
・4時間足±2σでラリーか?
・先ほどお試しロングしました
・106.3円付近で撤退を…



   週足を見ると、週足-2σ(現在106.89円)を下抜けたままです。バンドもはっきりとしていませんが、発散しているようです。まだ週足バンドウォークが継続している可能性も十分考えられますので、107円をしっかり上抜けるまでは下目線は継続だと思います。



   日足を見ると、すごくきれいではないですが、日足-1σ~-2σのラリーはまだ継続しているようです。本来なこのラリーについていって売り目線になるのがセオリーだと思います。しかし、今回は様子を見ます。現在は週足レベルで続いているピンクのライン付近に位置しています。下目線が継続するには、このラインをしっかり下抜けてからでも遅くはないように思います。中長期的な下目線か否かは、このラインでの反応を見たいと思いました。




   4時間足を見ると、バンドは収縮も終わりヨコヨコの状態になっているように見えます。しかも、4時間足-2σ(現在106.30円)付近には、例のピンクのラインも位置しています。この付近の反応は要注意だと思います。15時の4時間足(欧州勢が参入するくらいの時間帯)に4時間足-2σをタッチして陽線になっています。ひょっとしたら、±2σのラリーが続くのかもしれません。なので、先ほどお試しですが、ロングしてみました。撤退ポイントは本日安値付近である106.3円付近で考えています。なお、中長期的にどちらの方向に走るか、まだわからないため短期的なトレードで考えています。今のところ、4時間足+2σ付近を利確ポイントに考えています。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト