mikan-ya-EURUSD
ショート

ドル円:大きなイベントが通過したことから、相場が落ち着くのでは?

FX:USDJPY   米ドル/円
105 views
2
105 0
*4時間足をすべて更新しました。大きなイベントをひとつ通過しました。そして、もうひとつ大きなイベントが存在しています。ただ、そのイベントは今日に比べると大きくはないと思いますので、大きな流れは滞り、4時間足バンドがヨコヨコになるのでは?と考えています。

~ドル円月足~

9:29 2018/11/03記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコもしくはさらに収縮しているように見えます。10月月足は+1σを少し上抜けしたもののはね返されて引けています。そして、直近高値である17年11月月足高値(114.73円)を更新することができませんでした(18年10月月足高値114.55円)。安値を見ると、18年4月にを上抜けて以来、5月平均線がサポートとして機能しているように見えます。

   チャネルで考えると、15年6月より続いていたピンクのチャネルをブレイクしてから、再びチャネルに帰る様子は今のところ見られません。そして、12年9月を起点とした緑のラインも18年1月に下抜けたものの、再び上昇し、ラインにはりついているようにも見えます。なので、判断は難しいです。今の自分にはチャネルで考えるのはやめておこうと思います。

   自分としては、+1σおよび5月平均線をしっかり抜けることができていない以上、あまりイメージがわきません。月足レベルでは難しい相場になりそうです。もし+1σを上抜けたとしても直近高値を含んだ115円の壁は17年1月に下抜けて以来、しっかりと上抜けてはいません(17年3月高値115.50円のみ)。なので、115円をしっかり上抜けるのを確認するまでは、114円後半まで上昇するなら短い期間の時間軸の根拠が合えば、下目線に切り替えてもいいのでは?と考えています。ただし、これまで超えることができていない+1σを超えているのであれば、本格的なショートは少し危険かもしれません。114円後半から+1σ付近のショートはお試しレベル、+1σを下抜けてから本格的なショートで考えたいと思います。また、5月平均線がサポートとなっていることから、この付近は上目線なのかと考えています。5月平均線を下抜けたとしても、25月平均線も18年6月に上抜けて以来下抜けたことがありません。なので、本格的な下目線になるのは25月平均線を下抜けてからとなりそうです。

   あまり確信がないので、まだ妄想レベルですが、自分としては5月平均線と115円の壁がascending triangle signとなっているようにも見えます。そう考えると、教科書的には上昇の小休止115円の壁を上抜けて、再び上昇の勢いが大きくなると考えられますが、もし、ascending triangleであるならば、それまでは上昇している必要があるはずです。今回は15年1月より下落トレンドをしていること。テクニカルイメージにあまり入れたくないのですが、ファンダメンタル的に115円というのは大きな壁に見えます。そう考えると、月足レベルでは115円付近を高値としたレンジ相場なのかもしれないと思っています。


・バンドの形がヨコヨコもしくはさらなる収縮
・直近高値を更新できていない
・5月平均線がサポートとして機能か
・114円後半に堅い壁が存在してそう
・114円後半付近はお試しレベルの下目線
・5月平均線付近はお試しレベルの上目線
・本格的な上目線は115円をしっかり上抜けてから
・本格的な下目線は25月平均線をしっかり下抜けてから
・月足レベルでは115円付近を高値としたレンジ相場の可能性も

が継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。



~ドル円週足~

11:10 2018/11/03記載

   週足を見ると、バンドの形はヨコヨコ(少し上向き?)のように見えます。先週(10月29日週足)は22日週足の陰線を全否定するような陽線で引けることができました。そのため、5週平均線も実体で上抜けることができています。22日週足安値(111.37円)が25週平均線ではね返されたように見えます。

   チャネルで考えると、現在は赤紫の一番下のラインと下から二番目もしくは真ん中のラインによる緩やかな上昇チャネルと考えています。そう考えると、もし来週も先週の流れを引き継いで上昇するのであれば、来週は真ん中のライン付近に位置する直近月足高値付近を目指すのでは?と考えています。また、これまで推移していたピンクのチャネル上限ラインを9月10日週足で上抜けてから、10月22日週足ではね返されています。そのため、このチャネル上限ラインがサポレジ転換ラインとして機能している可能性も十分考えられます。そうであれば、上昇の勢いはさらに増すのでは?と考えています。なお、月足レベルで考えている緑のラインはラインがずれている可能性を考慮して、緑の破線ラインの可能性も考えています。

   自分のイメージを考えると、バンドの形がヨコヨコであることを考えると、+2σ付近の動きはとても重要であると思います。なので、+2σをしっかり上抜けるようであれば上向きバンドウォークの可能性を考え、上目線で考えたいと思います。しかし、+2σ付近で下落するような動きを見せるならば、+2σではね返されたと考え、下目線で考えたいと思います。ただ、25週平均線~+2σのラリーである可能性は十分考えられますので、本格的な下目線は25週平均線をしっかり下抜けてからです。また、10月8日週足以来、5週平均線を行ったり来たりしているようにも見えます。そう考えると、大きな値動きにはならず、レンジになる可能性も考慮したほうがいいのかもしれません。ならば、週足月足レベルの大きなトレードはまだ早いのかもしれません。

   
・週足バンドはヨコヨコ(少し上向き?)
・25週平均線ではね返されたように見える
・赤紫の一番下と二番目もしくは真ん中のラインによる緩やかな上昇チャネルで推移か?
・ピンクのチャネル上限ラインがサポレジ転換ラインとして機能している可能性も
・+2σ付近の動きはとても重要
・+2σをしっかり上抜けるなら上向きバンドウォークの可能性も
・はね返されたなら25週平均線~+2σのラリーか?
・本格的な下目線は25週平均線をしっかり下抜けてから
・レンジの可能性も考慮し、週足レベルの大きなトレードはまだ早いのかも?



~ドル円日足~

20:06 2018/11/07記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコからさらなる収縮をしているように見えます。先週の上昇の流れを引き継いだ形で週明けオープンしています。しかし、今日(11月7日日足)の大きなイベントで現時点で長い上ヒゲをつけた陰線となっています。今日(11月7日日足)の長い上ヒゲ(高値113.81円)が収縮したバンドの+2σをタッチしてはね返された格好になっています。さらに、このままこの水準以下で引けるのであれば、10月29日日足で上抜けて以来、サポートとして機能してきた5日平均線も下抜ける可能性もあります。
   
   ローソク足で考えると、3月26日日足から続いている上値切り上げのトレンドは続いていると考えることができます。3月26日安値(104.62円)→5月21日高値(111.39円)→5月29日安値(108.11円)→7月19日高値(113.17円)→8月21日安値(109.77円)→10月4日高値(114.53円)→10月26日安値(111.37円)と6つの切り返しをしています。まだ上値切り上げの流れは変わりませんが、10月4日高値と26日安値によるフィボナッチ78.6%付近に今日(11月7日日足)高値(113.81円)が位置しているため、この後の動きがとても気になりました。

   チャネルで考えると、現時点では赤紫のラインによる上昇チャネルで推移していると考えています。そして、今日(11月7日日足)高値が赤紫の真ん中のラインではね返されているようにも見えます。もし、このまま下落するのであれば、このまま赤紫の下のラインを目指すのかもしれません。

   今日の高値(113.81円)が日足+2σやフィボナッチ78.6%、赤紫の真ん中のラインではね返されていることを考えると、3月下旬から続いている上昇トレンドが崩れたとまでは言えませんが、日足レベルで少し下落する可能性があると思います。まだ、今日の日足が完成していないので、まだ判断できませんが、今日の日足の完成を見て、5日平均線を下抜けたまま引けているのであれば、日足レベルのショートをしてみたいと思いました。


・日足バンドはヨコヨコから更に収縮
・現時点の日足高値が+2σ、フィボナッチ76.8%、赤紫のラインではね返されている
・今日の日足がこのまま5日平均線を下抜けたまま引けるのであれば日足レベルのショートをしたい
・3月下旬から続く上昇トレンドはまだ崩れていない



~ドル円4時間足~

20:57 2018/11/07記載
 
   4時間足を見ると、バンドの形は上向きともヨコヨコとも収縮とも見えます。まだはっきりとしない印象です。週明けから大きなイベントが備えていたことから窓も開くことなく、大きな値動きはなかったものの、+1σ~+2σのラリーで基本的に動いていました。6日23時足からイベントに対する思惑からか値動きが大きくなり、7日7時足・11時足といったイベントのクライマックスでは+2σを大きく上抜けたような長い上ヒゲが連続して出現するといった不安定な状況も見られました。しかし、イベントが落ち着くにつれて、+2σから離れ、11時足に一気に急落。5本平均線や+1σを一気に下抜けています。その後も25本平均線をしっかり下抜け、2日から続いた上昇トレンドは崩れたような印象です。

   現時点で、2日6時足安値(112.56円)と7日11時足高値(113.81円)によるフィボナッチ61.8%(113.04円)を下抜けそうな勢いです。もしこのままの水準を維持するのであれば全戻し(112.56円)とまではまだ行かないものの、-2σを目指すのでは?と考えています。

   自分のイメージでは、大きなニュースがなければ、このまま4時間足バンドがヨコヨコになるのでは?と考えています。であれば、4時間足±2σ付近で逆張りが有効なのでは?と考えています。ただし、日足レベルでは下目線になるイメージもあることから、ロングは短期間、ショートはすぐに建値に移動し少し長めのポジションで考えています。


・4時間足バンドの形は上向き・ヨコヨコ・収縮どれもはっきりしない
・フィボナッチ61.8%を下抜けるか否か
・大きなニュースがなければ4時間足バンドはヨコヨコになりそう
・±2σ付近の逆張り(+2σ付近でショート、-2σ付近でロング)が有効か?
・ロングは短期間、ショートはすぐに建値に移動し少し長めのポジションで
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト