mikan-ya-EURUSD

ドル円:このまま陽線で日足が完成するなら、ロングしても…

FX:USDJPY   米ドル/円
135 views
1
135 0


ドル円
20:45 2018/03/19


ドル円のポイント
・金曜日の安値がまだ下に更新できていない
・日足の黄緑のラインを下抜けていない
・日足バンドが下向きから収縮状態に
・4時間足は下降三角形の中で推移
・4時間足±2σが下降三角形の中に入りそう


ドル円の予想とトレード
・陽線で今日の日足が完成するなら、状況を確認して追っかけロングしてみたい
・105.3-4円付近を撤退ポイントに
・4時間足でバンドウォークした方向に中期的に動くような…
・中期的なトレードはこのバンドウォークを確認してからか



   日足を見ると、今のところ金曜日の安値(105.60円)を更新することができていません。それどころか黄緑のラインもしっかりと下抜けることもできていません。もし、このまま今日の安値(現在の安値105.67円)を下抜けることができなければ、下落に小休止の可能性があるのでは?と考えています。このまま陽線で引けるのであれば、日足の完成を確認し、状況を見て判断して追っかけてロングしたいと考えています。

   日足のバンドを見ると、下を向いていた5つのラインがはっきりとした収縮状態に変わってきています。なので、大きく下落していくというよりも少しの間の値動きが乏しくなるようなイメージで考えています。日足-2σ(現在105.50円)をしっかり下抜けるまでは逆張りで考えたいと思いました。なので、先ほどの追っかけロングができるのであれば、この日足-2σを下抜けた105.3-4円付近を撤退ポイントに考えたいと思います。



   4時間足を見ると、まだ下降三角形( descending triangle )の中にいます。これをどちらかに抜けるまでは、本格的なトレードは難しいと思います。バンドの形は収縮状態になりつつあるうえ、このバンドの±2σが下降三角形の中に入るように見えますので、どちらかにバンドウォークした方向に中期的にも動くのではないかと考えています。本格的なトレードはバンドウォークするのを確認してからにしたいと思いました。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト