mikan-ya-EURUSD

ドル円:今日の東京時間が調整という意味なのか?反転という意味なのか?

FX:USDJPY   米ドル/円
189 views
2
189 0


ドル円
21:00 2018/02/19


ドル円のポイント
・週足-2σを下抜けたまま
・日足-2σを上抜けたものの5MA~-2σのラリーは続いている
・4時間足-1σ~-2σのラリーが崩れた?
・4時間足25MAがレジスタンスとして機能するか?


ドル円の予想とトレード
・今週は104.8円~107.00円付近で推移か?
・107円をしっかり上抜けるのであれば考え直し
・日足5MAを戻り売りポイントに…
・4時間足25MA付近でショートしました
・撤退ポイントは107.1-2円で…


   週足を見ると、依然として-2σを下抜けています。バンドウォークは続くと考えています。そのため、週足-2σ~-3σのラリーをイメージして、今週は-2σ(現在107.05円)~-3σ(現在104.87円)で推移するように考えています。もし、107円をしっかり上抜けるのであれば、その時は下目線中断を含めて考え直したいと思います。



   日足を見ると、さすがに金曜日の下落は勢いが強すぎたのか、日足-2σを上抜けて調整がはいっているように見えました。しかし、5日平均線(現在106.74円)~-2σ(現在106.21円)のラリーは続いています。なので、前から言っていますが、5日平均線は今も戻り売りポイントに考えています。



   4時間足を見ると、これまで-1σ~-2σのラリーが続いていたものの、今日の東京時間にしっかり上抜けてしまいました。少し流れが変わったのかもしれません。しかし、-1σ~-2σのラリーの前に25本平均線もレジスタンスとして機能していたことから、今回も25本平均線が機能するかに注目しています。

   先ほど、25本平均線付近だったため、ショートしました。4時間足を使ってのショートは今のところはもう考えていません。様子を見ます。なお、撤退ポイントはさきほどの日足レベルのショートとともに週足-2σ付近である107.1-2円で考えています。

   もし、25本平均線を上抜けた場合、4時間足レベルでは基本的に様子見ですが、さらなる大きな上昇をした場合、4時間足のバンドが収縮ヨコヨコになると考えていますので、4時間足+2σ付近で短期的なショートを考えたいと思います。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト