mikan-ya-EURUSD

ドル円:この状況は自分にはすごく難しい気がして…

FX:USDJPY   米ドル/円
127 views
2
127 0


ドル円
22:26 2018/05/09


ドル円の傾向
・日足レベルで水色のラインではね返されたか?
・日足バンドの形から中長期的には上か?
・4時間足+2σをしっかり上抜けバンドウォークの可能性も…


ドル円の対策
・日足レベルのポイントはあまりわからず
・この付近であまり売りも買いもしたくないので様子見
・4時間足25本平均線や-2σ付近で状況を見てロングできれば…



   日足を見ると、急騰といってもおかしくないような大陽線となっています。ここ3本ほどのローソク足で日足-1σ(現在109.34円)はあまり機能していないように見えるので、日足-1σ~-2σで機能しているようなイメージには見えませんでした。自分としてはバンドのラインや平均線などでヒントになるようなものが見つからず、バンドの形から中長期的な方向性は上なのかもしれませんが、日足でトレードのポイントはあまりよくわかりませんでした。

   水色のラインではね返されたのがとても印象的です。この水色のラインはこれまでチャネル上限としてレジスタンスの機能をしてきたラインと考えています。なので、今度はサポートとして機能するのであれば、サポレジ転換ラインとして重要なラインとなる可能性があります。このラインは以前よりも重要視したいと思いました。




   4時間足を見ると、東京午後から欧州勢参入にかけて+2σをしっかりと上抜け、またバンドの形も若干発散しかけているように見えます。バンドウォーク状態になる可能性が強いです。5本平均線(現在109.58円)をしっかり下抜けるまでは、勢いよく上昇する可能性があると思いました。といっても、前回の足で陰線がついているのが気になります。バンドウォークは否定できるような状況ではありませんが、ここで逆張りショートするのはあまり乗り気になりません。ショートは少し様子を見たいと思います。

   ただ、未熟なためかもしれませんが、バンドウォークの可能性を強く感じないようにも思います。そう考えると、突っ込んでロングもためらってしまいます。今日は様子を見たほうがいいのかもしれません。今の状況はすごく難しく感じました。

   もし、25本平均線(現在109.17円)付近まで下落するのであれば、状況を見て押し目買いで考えたいと思いました。さらに下落するのであれば、大きなニュースがなければ4時間足-2σ(現在108.69円)付近もロングしたいとも考えています。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト