mikan-ya-EURUSD

ドル円:114.06円更新するか否かで判断が大きくわかれるところ…

FX:USDJPY   米ドル/円
86 views
4
86 0
~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

13:53 2018/09/29記載

   週足を見ると、バンドの5つのラインはすべて上を向いているようです。上昇トレンドが継続しているように見えます。ただ、上向きのバンドであるにもかかわらず、先週(9月24日週足)は実体で+2σをしっかり上抜けた状態になっています。バンドがヨコヨコの状況での+2σ上抜けであればわかるのですが、この状況での+2σ上抜けは少し不思議な状態のようにも見えます。自分のイメージとしては、上向きのバンドウォークをするというよりも、5週平均線~+2σのラリーになるように考えています。なので、週足レベルで考えるなら少なくとも5週平均線付近程度までロングは待ってもいいのかもしれないと思いました。しかし、来週週足で5週平均線付近まで下落するようであれば、先週週足を全否定するほどの大陰線になりかねませんので、上目線ではあるものの、来週の週足レベルのロングは様子を見ます。なお、下目線に切り替わるのは難しいです。

   これまでレジスタンスとして機能してきたピンクのチャネル上限ラインをしっかりブレイクしているように見えます。ピンクのチャネルから赤紫のチャネルに変わったのかもしれません。まだはっきりしたチャネルは自分には見つかっていないので、赤紫のラインに限らず、いろんな目線で考えたいと思います。


・週足バンドは上向き、そのうえで+2σを実体で上抜けている
・バンドの形とローソク足の位置は少し不思議
・上向きバンドウォークというよりも5週平均線~+2σのラリーになるのでは?
・上目線で考えてるが、週足レベルのロングは来週は様子見



~ドル円日足~

21:40 2018/10/03記載

   日足を見ると、バンドの形はプラス圏のラインは上を向き、マイナス圏のラインがヨコヨコの少しいびつな形をしています。上昇トレンドのようにも見えますが、急落する可能性も意識しておいてもいいのかもしれません。9月13日に+2σをタッチして以降、5日平均線~+2σのラリーが続いているように見えます。バンドの形とは裏腹に上昇の勢いは依然強いままとなっているように見えます。

   5日平均線~+2σのラリーが継続しているイメージから、おそらく+2σを目指すのでは?と考えていますが、10月1日日足が+2σをしっかり上抜けた強い陽線をつけているのが気になります。もし、+2σ付近まで上昇し、はね返されるならば、10月1日高値(114.06円)を果たして更新できるか心配です。もし、+2σ付近まで上昇したとしても、高値更新できないのであれば、114円のキリのいい数字も鑑み、この付近で日足レベルの上昇の勢いが衰えるのでは?と思います。そうなれば、5日平均線付近で押し目買いを考えるよりも、5日平均線を下抜けブレイクしたところをショートで考えたいと思います。逆に114.06円を更新するのであれば、5日平均線~+2σのラリーがもう少し続く可能性があり、その時は5日平均線付近で再び押し目買いを考えたいと思います。

・日足バンドは少し気になるいびつ型
・5日平均線~+2σのラリー継続中
・114.06円を更新できるかがポイント
・+2σ付近まで上昇しても高値更新できなかれば、5日平均線下抜けブレイクでショートを
・高値更新できれば、5日平均線付近で押し目買いを



~ドル円4時間足~

21:59 2018/10/03記載

   4時間足を見ると、バンドの形は上昇から収縮に変わっています。バンドの形から見ると、再び上昇するか否かは別として、上昇一服のようにも見えます。10月1日22時足高値(114.06円)で+2σから離れ、その後は上昇の勢いが緩んでいます。3日10時足安値(113.52円)が25本平均線ではね返されたように見えますので、調整の可能性も否定はできませんが、バンドの形から見ても反転の可能性も否定できませんので、上目線だけでなく、下目線も考える必要があると思います。

   ローソク足から見ても、9月7日6時足より上値切り上げが続いていることから、下目線になる材料は見当たりません。しかし、上値切り上げになるのであれば、当然10月1日22時足高値(114.06円)を更新する必要があります。しかし、その付近に+2σが位置してきています。収縮状態で+2σをしっかり上抜けバンドウォークすることはなくもありませんが、1か月近く続いてきた上昇トレンドで、ここまでのバンドの収縮状態から+2σをしっかり上抜けることは少し難しいようにも思います。

   もし、10月1日22時足高値(114.06円)よりも+2σの方が下に位置するのであれば、+2σ付近でショートも興味深いです。このショートはすぐに建値に損切りラインを移動するかもしれませんが、少し長めに持っていたいとも思っています。

   25本平均線をしっかり下抜けた場合、これまでの25本平均線~+2σのラリーが崩れますので、流れが変わる可能性があります。しかし、バンドが収縮状態であることから、少しの間はヨコヨコの動きになるかもしれないと思いますので、-2σ付近で4時間足レベルの短期的なロングも検討したいと思います。

・4時間足バンドは収縮
・上値切り上げが続いている
・バンド収縮状態で+2σをしっかり上抜けるのは難しいか?
・+2σが114.06円より下に位置するなら+2σ付近でショートしたい
・25本平均線をしっかり下抜けるなら、ヨコヨコの動きを想定して-2σ付近でロングしたい


  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:https://jp.tradingview.com/chart/TNX/r95TYtgI/
・月足+1σを実体で下抜けるまでは上昇トレンド継続中
・週足バンドウォークになるか否かの状態
・3.12%を更新するようなら週足バンドウォークの可能性
・2.99%を更新するようなら週足-1σを目指す可能性
・日足ば強いバンドウォーク状態
・よほどインパクトのある日足大陰線が出ない限り上目線か
・ドル円は米10年債利回りが上昇している限り下目線は難しそう
・ドル円が下落するなら、米10年債利回りを確認する必要が…
ダウ30:https://jp.tradingview.com/chart/US30/hVFdP3Ru/
・月足+1σ~+2σのラリー継続、高値更新から月足+2σを目指すのか?
・週足5週平均線~+2σのラリーか
・5週平均線を下抜け、26144ドル以下で引けるまでは上目線
・日足上値切り上げ中
・日足25日平均線~+2σのラリーか
・25日平均線を下抜けるまでは上目線
・次回25日平均線ではね返されたとき、その後の動きは注目
日経225:https://jp.tradingview.com/chart/JPN225/mymmLBTL/
・月足+1σ~+2σのラリーか
・23000円の水平線をしっかり上抜け、週足バンドウォーク状態
・三角保合い上放れ
・5日平均線もしくは日足+1σ~+2σのラリーなのかも…
・日足+1σを下抜けるまでは上目線継続
・下落したとき、23000円の水平線付近の反応は注目したい
・陽線を全否定するくらいの陰線が出ない限り目線を変えるのは難しそう…
VIX恐怖指数:https://jp.tradingview.com/chart/VIX/iwiX7Ify/
・VIX指数はボリンジャーバンドに素直
・-1σ付近10.1-10.5を下抜けるとリスクオンの終焉の可能性
・-2σが下がりすぎ、反転の可能性強い
・+2σ付近18.7-19.0を上抜けると○○ショック級のリスクオフの可能性
・現在25月平均線付近でオンでもオフでもない
・8月9日が直近最もリスクオンだった可能性も
ドルインデックス:https://jp.tradingview.com/chart/DXY/BlEI5yC6/
・月足レベルでオレンジの上昇チャネルで推移か
・月足25月平均線ではね返されるか否かの判断中
・96.98を更新するなら月足レベルで上目線
・週足は逆N字波動の中間上昇の可能性も否定できない
・週足バンドは収縮、方向感はあまり決めつけられない
・日足バンドはヨコヨコ
・95.5~8をしっかり上抜けるなら月足レベルで上昇の可能性も
・93.6~9をしっかり下抜けるなら週足逆N字のイメージが強くなるかと
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い マイサポートチケット サポートにコンタクト 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト