mikan-ya-EURUSD

ドル円:上目線ではなさそうだが、じゃあ下かというと…

FX:USDJPY   米ドル/円
121 views
4
ドル円

 結局、昨日の日足は中途半端に終わりました。

 日足を見ると、昨日の+1σが113.25円に対して終値が113.16円と、一応下抜けたましたが、ほぼ誤差範囲といってもよく、本格的に下抜けたかどうかの判定は今日の日足に持ち越されたように思いました。しかし、サポートとして機能していた重要なラインである5日平均線(現時点で113.66円)は完全に下抜けたため、上目線は中断と考えています。
 
 4時間足を見ると、バンドの5つのラインはまだ方向感がつかめず(-2σが下向いているためヨコヨコ方向でもなさそう)、まだ何とも言えない状態に思います。+1σ(現時点では113.31円)をしっかり上抜けるかどうかで方向がはっきりすると思うのですが、まだ今のチャートでは判断は難しいと思いました。

 これからのことですが、自分は今のところ恐る恐る下向きに転じているように思いました。なので、5日平均線を上抜けない限り、下目線で考えています。しかし、日足がはっきりしないので、日足が完成した明日の朝に確認できればと思っています。

ドル円のポイント
・昨日の日足では反転したと判断するには時期尚早
・113.6円台をしっかり上抜けるまでは上目線は中断
・今日の日足の終値の位置が重要
・4時間足も方向感がまだ出ていない
・下目線で考えるが状況に応じて臨機応変に考えたい