EWA-tokyo
ロング

USDJPY 波動分析 (6/16)

OANDA:USDJPY   米ドル/円
今週も終わりました。
相変わらずドル円は波動が複雑で難解ですね。

まず、ユーロドルですが、
戻って来ましたね!
最後の5波が残っていました。
今の位置で上に向かうと
ドル円は上がらないですからね。
ヒヤヒヤしました。

5波は、インパルスが展開されると良いのですが、
やはりダイアゴナルでしょうか?
但し、現時点で、5波終了後の
展開のイメージが掴めていません。


ドルインデックスを見た場合、
現在の上昇トレンドを終えると
一旦押し目を付けた後、
上に行く様に見えます。
そうなると、ユーロドルと
整合性が取れなくなるので悩ましいです。
短期的に影響がないので先送りにしますが。。。

ユーロ円は
トレンドが切り替わった様に見えます。
直近の青線で示す波動は3波に見えるので、
上の段階の1波(赤線)は、
ダイアゴナル(3-3-3-3-3)を展開するのでしょうか?
来週直ぐに反発が確認できれば
ユーロ円は買いでいけるかもしれません。


普段はあまり見ない
円インデックス( JXY )の日足チャートを見てみると
良い感じで進んでいます。キレイですね。


本題のドル円ですが、
現在はトライアングルのレジスタンスラインに沿って
横に動いています。
ドル円は、最後の1波が残っている想定です。

しかし、
他の通貨ペアを横睨みしたときに
整合性が取れないので
両目線で対応を考えておく必要があります。

何れにせよ
下に向かった場合は、あまり値幅がありませんから、
ショートせずに下で拾っていくことと
上に向かった場合は、
直近の高値の更新と
黒線で示すチャネルラインの抜け出ししていけば
下降トレンドの終了は間違いなさそうですね。
ユーロドル、ユーロ円、ドル円の波動が一致した可能性大。ユーロドルが良い形を作っています。このまま下げられるか注目です!
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト