masao_shindo
教育

フォーメーション分析の研究 ~三角持ち合い~

OANDA:WTICOUSD   West Texas Oil
295 views
24
295 0
フォーメーション分析

フォーメーション分析には大きく分けて
「天底を暗示するフォーメーション」
「相場の継続を暗示するフォーメーション」
の二つがあります。

天底は三尊天井(ヘッド・アンド・ショルダー)やダブルボトムなどなど~
継続パターンは、ペナント(三角持ち合い)、フラッグ(平行四辺形)、ウェッジ(上昇(下降)三角形)などなど~

ある程度トレンドが出来ていて、そこから、三角持ち合いになる時は、トレンド転換ではなく、トレンド継続となることが多いとされています。
フォーメーション分析は、見た目で分かり易いのが特徴です。
ただ、ダマシに合うこともあるので決めつけるのは厳禁です。

エリオット波動や一目均衡表の値幅観測論、そして、フォーメーション分析などは、
パターンに入るとターゲット(予測価格)が明確になるところが便利ですよね。
継続パターンもターゲット(予測価格)が明確です。

ここの価格を超える(割る)と、第1予測価格が~円、第2予測価格が~円、といった形で予測価格が出てくるのがフォーメーション分析です。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト