GreyWagtail

BTCビットコインの春節前後の動きを検証する

ロング
BITMEX:XBTUSD   Bitcoin / US Dollar Perpetual Inverse Swap Contract
2016年からのXBTUSDで、「春節前後のBTCの動き」を検証してみました。

春節休暇は、旧「大晦日」からスタート。2日目が「初一」すなわち元日となります。
「春節前に中華系マイナーが資金稼ぎにBTCを売る→下落」という報道がよくなされています。

よく調べてみると、春節「前」(大晦日=連休初日を含む)に下落、春節の初一の安値で買って春節連休後の高値を狙って売れば、理論的には短期的(2~3週程度)に15~25%くらいの利確ができそうというチャートです。
2018年を除いて、連休中に含み損になることもありませんでした。2018年は全体に下落傾向の中にあったので例外かもしれませんが、それでも利益を出すことは可能でした。
2020年も、春節に買って、売るタイミングを間違わなければ、コロナ大暴落前の高値で売り抜けられたということになります。

2021年のチャートパターンは2017年に似ているような気もします。すなわち、春節前の「下げ」はすでに終わっている可能性があります(多少押し目は作るかもしれませんが)。
とりあえず2/11~2/12の押し目を狙ってロングor現物を購入し、2月下旬の高値を見計らって売るという短期作戦を考えています。

#個人の戦略です。私がこのとおりにするかどうかわかりませんし、もしこれに乗っかって損害を出したとしても責任は負いません。
トレード中: 2/12 23時台(ギリギリ春節の日)にBTCJPYで490万円(約46700USD)にて小額現物購入しました。
あとから見れば2/10が春節前の絶好の買い場だったということになりますが、上記の通り「春節に買う」を実行したところ、12日のかなり安値に近いところで買えたということになります。
今月下旬にUSDで5500~6000くらいを狙えたら万々歳。仮にそれ以上に伸びるとしても、一旦利確して押し目で入り直すつもりです。
トレードは手動で終了しました: 「短期的(2~3週程度)に15~25%くらいの利確」としていたのですが、2021年の高値は9日後および29日後となりました。
9日後の時点ではまだ利確しておらず、一度下げたところで辛うじてプラス程度のところで撤退していました。29日後の史上最高値まで待つというのは短期戦略に当てはまりませんし、2020年の大暴落を逃げられないことになってしまいます。

今までのグラフをよく見ると、春節から1週間のところで高値をつけていました。「2~3週間」待たず、「春節前に押し目買い、1週間後、春節連休が終わったあたりで利確」という戦略が適切かと思われます。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。