777

竹田IPホールディングス

トレードなし
スーパーチャートで確認
次回決算報告日
決算期間
予想EPS
予想売上高

竹田IPホールディングスについて

セクター
CEO
Shinichi Yamamoto
ウェブサイト
本社
Nagoya
設立
1924
ISIN
JP3462700000
FIGI
BBG000C219C7
パフォーマンス
売上から利益への転換
債務レベルと返済能力
決算
次回:
‪0.00‬
インジケーターによる評価の要約
オシレーター
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
オシレーター
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
サマリー
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
サマリー
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
サマリー
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
移動平均
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
移動平均
中立
売り買い
強い売り強い買い
強い売り売り中立買い強い買い
弊社でサポートしているユーザーからレビューを受けた完全検証済のブローカーを経由して、スーパーチャートから直接トレードが可能です。

よくあるご質問

7875の現在価格は881 JPY — 過去24時間で 0.23% 上昇しています。 竹田IPホールディングスの株価のパフォーマンスをチャートでもっと詳しく見てみましょう。
取引所によってティッカーが異なるケースがあります。たとえば、TSE取引所であれば、竹田IPホールディングス7875というティッカーで取引されています。
7875は先週に比べて 1.01% 下落、 この1ヶ月では 0.92% の上昇、 過去1年間で竹田IPホールディングス25.14% の上昇を見せました。
78752018年3月20日に上場来高値1200 JPYに達し、2020年3月13日に 上場来安値501 JPYに達しています。7875のチャートで価格動向の詳細をご覧ください。
上場来高値上場来安値に到達している株式を他にも見てみましょう。
7875の株式のボラティリティは 0.69%で、ベータ値は 0.86 です。チャート竹田IPホールディングスの株価を追いながら、ボラティリティ上位の株式のリストもチェックしてみましょう — そこに竹田IPホールディングスは載っていますか?
本日の竹田IPホールディングスの時価総額は ‪7.30 B‬ で、先週から 3.56% 増加しています。
はい、年次および四半期の報告で竹田IPホールディングスの財務データを追跡することができます。
竹田IPホールディングスの次回の決算報告は 2024年8月9日 にリリースされる予定です。決算カレンダーで予定のイベントを把握しておきましょう。
7875の直近四半期の純利益は ‪206.00 M‬ JPY です。その前の四半期では ‪273.00 M‬ JPY の純利益で、−24.54% の変化が見られます。竹田IPホールディングスの財務統計をもっと調べて全体像を把握しましょう。
竹田IPホールディングスの配当利回りは、2023 において 2.98% でした。配当性向は 25.24%に達しています。前年はそれぞれ順に、3.14%、21.51%となっています。高配当株式のリストをチェックして、ポートフォリオの可能性を広げましょう。
EBITDAは企業の営業パフォーマンスを測定するもので、この値の成長は企業の効率性が向上していることを示しています。竹田IPホールディングスのEBITDAは‪1.44 B‬ JPYであり、EBITDAマージン比率は5.17%となっています。さらに詳しい統計については竹田IPホールディングスの財務諸表で確認することができます。
他の株式と同様に7875の株式も、ナスダックやニューヨーク証券取引所、ユーロネクストといった証券取引所で取引されています。最も簡単な購入方法としては、オンラインの株式ブローカーを利用することです。そのためには口座を開設して、ブローカーの手続きに従って取引を始める必要があります。TradingViewのチャートからも直接竹田IPホールディングスの株式をトレードすることができます — ブローカーを選択して、ご自身の口座に接続してください。
株式への投資には包括的な調査が必要になります: たとえば、その企業の財務データや関連ニュース、そしてテクニカル分析といった情報を利用できるかぎり使用して、慎重に調べることが必要になってきます。 竹田IPホールディングスのテクニカル分析は本日買いを示しており、 1週間のレーティングでは買いとなっています。 市況は変化しやすいものなので、もう少し先の未来を見てみる価値もあります — 竹田IPホールディングスの1ヶ月のレーティングでは強い買いシグナルが示されています。 竹田IPホールディングスのテクニカル分析をさらにチェックして、分析を包括的なものにしていきましょう。
まだ確信が持てないということであれば、私たちが精選したウォッチリストからインスピレーションを探ってみてください。