pyon

JT(2914)は長期トレンド転換後は押し目狙い

TSE:2914   日本たばこ産業
明けましておめでとうございます。

昨年は指数トレードのアイデア投稿が多かったので今年は高配当株/優待株もアイデア投稿をしていこうという所存でございます。
高配当株を配当目的で長期ホールドするという観点で少し長めの時間軸で見ていきます。

さて新年第一弾は日本たばこ産業 2914から見ていきます。
年間配当額 140円/株 配当利回り6.03%

まず週足ですが2015-2016につけた天井からの下げトレンドを概ね底打ちをして200週移動平均線に跳ね返された状態です。
数年スパンの長いスパンであればおそらく今年のどこで入っても数年後には助かりそうな雰囲気のチャートですが
配当目的の一般NISA口座で取引する場合は買値から200円下げたから買い直しのような事ができない為
エントリーポイントは慎重にならざるをえません。

そこで日足チャートで買いポイントを探ることにします



1.日足のBBの下限あたりに引き寄せてエントリーするパターン
毎月日経平均と同じように上下するので日経平均のオシレーター系と見比べながら底打ちタイミングでエントリーする方法です。 一般NISA口座で購入しても4回分散する事ができます。

2.日足200MA割れを狙い撃ちする
月足/週足が上昇トレンドの状態の銘柄は日足の200MAタッチや200MA割れの局面があってもその後大きく戻す傾向にあります。 大きな矢印はそのエントリーポイントになります。


この2つのエントリーポイントを参考に高配当株に投資してみるのも悪くないかもしれないですね。
それではまた