masao_shindo
教育

フォーメーション分析 ~三尊天井(ヘッド・アンド・ショルダー)となるのか?~

TSE:9735   セコム
(9735)セコムの週足チャートです。

業績は安定していますが、
チャートの形状に注目したくなる形が出てきました。

まだ未完成ですので、決め付けは厳禁です。
三尊天井とか、ヘッド・アンド・ショルダーといったりします。

ポイントは青の横線のネックラインになります。
割れば三尊の可能性が高まります。
割らずに切り返す場合は、中段保ち合いになりますね。

まずは、ここを割るか維持するかに注目して見ていきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ご指導有難うございます。教科書で三尊天井の解説を学ぶと、ネックラインを割込めばフォーメーションの完成までは詳しいのですが、割込まないで反発したら保ち合いが続くのは当たり前なので触れていません、が、教科書の理解だけに精一杯の私はお恥ずかしいながら、割込まない時は単に三尊が出来なかっただけ、で理解を止めていました。割込めばA,反発されたらB、この当たり前の所を気づかせて下さり、感謝します。
返信
@Henry-T, さん

コメントありがとうございます。
三尊には天井形成の三尊と、中段保ち合いの三尊がありますね。
参考になってよかったです。
これからもよろしくお願いします。
返信
Henry-T masao_shindo
@masao_shindo, 進藤さん、大阪ラボ生のre凡です。中段保ち合いの三尊も教科書にはあまり見えません。天底のトライアングルだけで理解が止まっていました。もっときっちり学ばなくてはいけないのを痛感しています。有難うございました。
返信
@Henry-T, さん
こちらこそありがとうございます。
これからも一緒に学んでいきましょう。
返信
いつもありがとうございます。三尊天井について質問です。
日経平均の週足を見ると2018年の1月と10月、2019年の5月をピークとした三尊に見えるのですが、2019年5月のピークが他より低いため、三尊天井となるのかお伺いしたいです。
また、この場合のネックラインも一定ではないのですが、三尊となる場合、どのあたりをネックラインと考えれば良いでしょうか。
返信
@komaz, さん

コメントありがとうございます。
日経平均の週足を三尊と見るには少し無理がありますよね。
ただ、ネックラインの引き方なども含めて、
また記事を作成しますのでもう暫くお待ちください。
返信
komaz masao_shindo
@masao_shindo,
やはり無理がありましたか。これをヘッド&ショルダーだとしたらビートたけしの「ばかやろぅ」の時みたいになっちゃいますね(例えがわかりにくくてスミマセン…)
ネックラインの引き方の記事、楽しみにしております!
返信
@komaz, さん

これからもよろしくお願いします。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト