luck-bird

Swallow Analysis [BCHABCUSDT]

この急騰に対してひとまず38.2%までの戻しは達成された格好
しかし、上には3つのレジスタンスエリアが居座っていると推測され
再度上昇トレンド継続とはならない模様。
大きなペナント(三角保ち合い)を形成しており、本日は揉み合いが予想される。

ただ、長時間足でみるとプチバブルなチャートだけにショートを狙いたくなってしまう(ΦωΦ)

因みに38.2%の戻しの反発は下記のチャートが示すように15m 200SMAが支えた格好となっている。

コメント