OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
4H足で分析。下げが一服した状態であり、200日長期線の下は変わらずだが、21日線が75日線を上抜け、様子見の相場と思います。
市場がショートになり、ジリ高になっていますが、このまま上げても1.0765付近では上げ止まる様な感じもあります。
現状は
   ➊ドル高が一服して、ウクライナ情勢も膠着から、市場が開戦当初の様に過敏に反応しなくなったこと
   ❷市場がショートになりこれを狩る動きが出たこと今後のEU経済を取り巻く環境が変わった訳ではないこと
を考えると、これからヨコヨコのレンジから少しづつ下落して再び安値更新に向かうのがメインシナリオです。
長期線の下にある以上、私はロングポジションは取らない為、下落トレンドに変わるまでは、ノーエントリー予定。
コメント: ジリ高シナリオの通りなので、ノーエントリー。リスクオン⇒株価上昇⇒金利上昇⇒ドル高に進むと思われるので、そこでショートエントリー。
ロシアの勝利により欧州が混乱に陥ると見ているので、ECBの利上げ、ドル安で一時的な上げであり、メインは下であり、もう少し待ちの相場です。

関連したアイデア

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。