lebain

11/5 GBPJPY L

ロング
FX:GBPJPY   ポンド/円
■GBPJPY L <10/28投稿のアイデアも併せてご覧ください>

長期:下降
中期:上昇
短期:-


プランⒶ
戦略:中期ブルーチャネル下限ロング
エントリーポイント:中期ブルーチャネル下限
利確:8時間足200MA / 前回の高値
損切:中期ブルーチャネル下抜け1時間足確定

今回は利確基準はゆるめに、損切基準は厳しく設定しました。
そもそもポンド系はボラが大きいのに加え、

・準中期レッドチャネル(仮設)は、上限が作用するかどうか確認できていませんが、
意識されているとしたら、センターライン付近でのエントリーになってしまい、優位性が下がる。
・今までは下限にタッチしたらすんなり伸びていたのに、8時間200MAをなかなか突破できない。
(10/30に下限直前まで到達していますが、すでに戻ってきている)
・ファンダリスクが無視できない


こうした理由があるからです。

中期ブルーチャネルを下抜けした場合のショート戦略もあるので、
10/28投稿のアイデアも併せてご覧ください。


■用語解説
長期チャネル:1日~週足レベルのもの
中期・準中期チャネル***:4時間~12時間レベルのもの
短期チャネル:それ以下


レッドチャネル:下降トレンドを示すチャネル
ブルーチャネル:上昇トレンドを示すチャネル


トップゾーン:長期チャネル上部1/4
ボトムゾーン:長期チャネル下部1/4
(週足レベルで長期トレンドを見ているペアなどに関しては、
長期チャネルを2分割し、そこから4分割している場合もあります)


***
中期チャネル:1か月程度継続しており、4時間足以上で明確に捉えられるチャネル。
       かつ、
       ・重ねて数段に渡っており、「その通貨ペアにおいて重要な角度」を示している
       ・上限も下限も複数回に渡って作用している
       ・サポレジ転換がみられる
       ・半年以上に渡って作用している
       など、かなり優位性の高いもの。

準中期チャネル:1か月程度継続しており、4時間足以上で明確に捉えられるチャネル。
        上記の中期チャネルとは異なり、単体で存在するチャネル。



コメント: 惜しくも指値にかからず、利確目標に到達しました。
こんなことはよくあります。縁がなかったと割り切りつつも、画面キャプチャなどで記録に残しておくとよいですね。

中期ブルーチャネル下限から反発したものと仮定し、
直近の安値に合わせてわずかにチャネルの角度を調整しました。

関連したアイデア