Tetsutaro

【環境認識】2019-08-04(日)17:30 ポンド円 全体

OANDA:GBPJPY   ポンド/円
1)月足(月足チャートはご自身のものでご確認ください)

 ダウ目線は下方向。

 6月足は小さい十字線で確定して7月は反転上昇の可能性も十分あったが、
 7月足で6月足の安値を下抜けしたことで上方向の流れが否定されて
 下方向への継続が肯定された。
 また、強めのサポと認識していた131.85近辺をあっさり下抜けし売りの
 流れが強くなっている。
  
 次の目標は、大きな陽線となった2016年11月の始値(128.27近辺)か
 同安値(126.48近辺)か。


2)週足(左上のチャート)

 ダウ目線は下。
 チャネル(薄いピンク)下限を下抜けして下落の勢いが強いことが証明され
 下降トレンドが継続しているが、一旦戻りが入っても不思議ではない形状。
 (波に定義にもよるが週足のN値がもう少しで達成する)


3)日足(右上のチャート)

 ダウ目線は下。
 先週は、下方向の流れが加速して500pipsほど下落した。
 もう少しで日足チャネル下限に到達するため要注意。



4)4時間足

 ダウ目線は下、
 先週、4時間足レベルの大きな波(360pips)が2つ発生している
 3つ目が発生する可能性もあるが、上位足の目標地点での動きに注視しながら
 のトレードになる。




5)1時間足

 省略。

 (上位足で明確な大きな波が発生しており1時間足レベルの波を意識した
 トレードは避けた方が良い)
 



6)戦略(基準足=4時間足、1時間足)

 6月足の十字線、月足レベルのサポ、週足のチャネル下限などの買い材料と、
 今までの下降の流れと攻防していたためもみ合っていたが、
 6月足の安値更新、週足チャネル下限下抜けなど売りが勝ち
 下方向の流れを肯定する動きとなっている。

 したがって、当分の間(売りの流れが否定されるまで)
 4時間足レベルの基本戦略は戻り売り狙い。
 ただし一気に加速し週足のN値や日足チャネルの下限達成など
 目標に達したとみなされるとレンジや大きな反発などもあるため
 注意が必要。 しばらく様子見で良い。




★ブログも書いています。「FX 哲太郎」で検索してみてください。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプセンター 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト