masao_shindo
教育

トレンドラインを引いてから大循環ストキャスを考察

NASDAQ:IXIC   ナスダック総合指数
ナスダック総合指数 日足 

トレンドラインを引いて大循環ストキャスを考察してみましょう。
通常はローソク足からトレンドラインを引きますが、EMAを基準にトレンドラインを引きました。
そうすることで、大循環ストキャス(大スト)のダマシを回避することが出来るかどうかを考察します。

大ストは反応感度が高いという点において、メリットとデメリットとの両面がありますよね。
そこで、EMAにトレンドラインを引くことで、トレンドがあるところでの逆張りの大ストのサインを回避できるケースが増えます。

ローソク足にトレンドラインを引いて逆張りの大ストのサインを回避するやり方もありますが、
EMAにトレンドラインを引くことで、ローソク足のブレを回避できるとの仮説からローソク足を消しました。

ローソク足にトレンドラインを引く方法と、EMAにトレンドラインを引くのとでは、
大した違いはないかもしれませんが、ブレやノイズを小さくした方が精度が上がりますので、
試行錯誤する価値はありますよね。

トレンドラインを継続して引くことで、チャネルラインやトライアングルなどのヒントが見えてきます。
皆さんも、トレンドラインをたくさん引いていきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
新たな試行錯誤に大拍手。オシレーターはトレンド方向の時だけ使うと教えられてもミスしますから有難い、まして、株式教室でトレンドライン引きから分析するクセつくように学んだものには最高です。有難うございました。re凡
返信
@Henry-T, さん
いつもコメントありがとうございます。
記事作成の励みになっています。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト