pyon

ヒンデンブルグオーメン点灯時の動きについて

ショート
TVC:NI225   日経225
ヒンデンブルグ・オーメン(英語: Hindenburg Omen)は、株価予測のためのテクニカル分析指標の一つで
発生すると1か月間は有効とされ、80%弱の確率で5%以上の下落が起きるといわれています。 
過去にも何度も点灯し忘れた頃に下落する事が多いようです。
直近1年の点灯下落のタイミングを調べてみました

2021年は
3/3点灯-3/11消灯
3/24点灯-4/2消灯
7/29点灯

面白い事に点灯期間は上昇、その後消灯して5営業日後にトップを付けて下落しています。
目安としてインジケーターを表示していますがその日にSTOCHRSI+のOverbought/Ex-Overboughtが点灯していますね。

さらにコロナショック前の2020年は1月28日に点灯→2月5日に消灯、その5営業日から
下落を開始しています。

2021年は7月29日から点灯していますがどうなるでしょうか
コメント: 7/30消灯 その後5営業日が8/6本日です。

コメント

勉強になりました。
大変ありがとうございました。
+1 返信
下落タイミングのデータ大変興味深く拝見しました。
有難うございます。ショート戦略継続中ですので
凄く勇気をもらいました。
+1 返信