masao_shindo
教育

チャネルラインのダイバージェンスとトライアングル

FX:NZDUSD   NZドル/米ドル
NZドル/米ドル 日足チャート

チャート形状が綺麗ですよね。
このチャートを見て、
「あっ!あのチャートに似ている!」
と気づかれた方は、相当のチャート好きですよね。

話がそれましたが、今回はチャネルラインとトライアングルを見てみましょう。

チャネルラインは安定下降(上昇の時は安定上昇)ですので、MACDの動きに注目しましょう。
MACDが連続でダイバージェンスになっているのが分かります。
しかも、MACD1とMACD2の間隔に着目しましょう。

その後、綺麗なトライアングルを形成しています。
MACDもトライアングルになっているように見えますね。
トライアングルは、「放れにつけ」です。
上下どちらに抜けるかを見ていきましょう。

トライアングルのパターンからすれば、どちらに抜けて
その時のターゲットプライスがいくらになるかが予測できます。

さて、予測通りになるか否かに注目しましょう。 
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
こうやってみるんですね。とても解りやすいです。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト