Rio_analysis

ビットコイン及び仮想通貨全体がバブル崩壊し下落トレンド入りしたと考える理由を4つのチャートを使って説明します

ショート
CRYPTOCAP:TOTAL   暗号資産の時価総額ドル
【仮想通貨全体時価総額】
①週足MACDのデッドクロス(下降トレンド入りを示唆)
②半年続いた上昇トレンドラインを大きくブチ破った

【ビットコインドミナンス】
①日足MACDゴールデンクロス(上昇トレンド入りを示唆)
②半年続いた下降トレンドの反発
③アルト全体時価総額の低下率がビットコイン時価総額の低下率低下よりも大きくなると考える
④ビットコインの上昇を示唆するわけでは無い
⑤2018年1月の動き(青矢印)を見て欲しい

【ビットコイン日足】
①200日移動平均線を下回り上値を抑えられる展開
②このままヨコヨコで50日及び100日移動平均線の向きが下
③この3ヶ月は下降トレンドだったという事

【ビットコイン週足】
①週足MACDは1か月前にデッドクロス
②週足RSI45.98、まだまだ下がる余地あり

【行動】
①ボラティリティを利用し証拠金取引で短期トレードに専念(下目線メイン)※ポジションの8割をステーブルコインにします
②日足レベルの大きな反発を利用しノリで買った草コインのポジション縮小
③長期目線で期待できる銘柄の再選定と段階的仕込み(-99%を覚悟出来る銘柄、簡単に100万円が1万円になります)

【総評】
どれだけ有望な草コインも、どれだけ良いファンダメンタルズも、ビットコインの下落トレンドの中では無力。
①フィアットが増えなくても、減らさなければ必ずチャンスは来る
②増やす事よりも減らさない事を意識した立ち回りを
③何買っても上がるボーナスタイムは残念ながら終了したと考えた方が安全

もちろんこれは僕の考え方ですのでこの情報を見た上でご自身で判断をお願いします。