TradingView

セッション出来高HDを利用して価格や出来高を分析する方法

教育
NASDAQ:TSLA   Tesla, Inc.
セッション出来高HDは、各取引セッションの価格と出来高の分析に新たなレベルの詳細と精度を追加するために作成されました。セッション出来高HDは、チャートを拡大したり縮小したりすると、より多くのデータを表示するように動的に調整されます。

セッション出来高HDは、価格と出来高を分析するための拡大鏡のようなものだと考えてください。どの価格レベルに最も多くの取引量がありますか?また特定の取引セッションを拡大したり縮小したりすると、それはどのように変化するのでしょうか?セッション出来高HDでは、ズームインすればするほど、特定の取引日の価格と出来高の詳細を見ることができます。これは、チャートの解像度を素早く拡大・縮小したり、変更したりするトレーダーや投資家の方に最適なツールです。

上の例は、異なる時間足と解像度に設定されたテスラの2つのチャートです。それぞれのチャートに表示されている出来高プロファイルの違いが確認できますか?左のチャートは11月までさかのぼった日足チャートです。右のチャートは、直近の数日間の取引のみを拡大した65分足チャートです。どちらのチャートもセッション出来高HDを使用して出来高プロファイル分析を行っていますが、それぞれのチャートには異なる詳細レベルが表示されています。これは、セッション出来高HDツールがズームインやズームアウトに合わせて動的に調整されるからです。言い換えれば、より拡大すると、より多くの出来高プロファイルのレベルが表示されます。

セッション出来高HDを理解されて使い始める際には、このツールはあなたのニーズや観察方法に合わせてカスタマイズできることを覚えておいて下さい。設定を開いて、使い始めてみましょう。トレーダーや投資家の方はそれぞれ独自の方法論を持たれていますので、設定はご自身の独自の分析スタイルを作成するのに役立ちます。

ポイント・オブ・コントロール ( POC ) – その期間で最大の取引量がある価格レベル。上の例の両方のチャートで、出来高プロファイルのそれぞれの領域内に表示されている赤い線です。
アップボリューム - 買いが発生し価格が上昇したポイントのアップボリュームの色を決定します。
ダウンボリューム - 売りが発生し価格が下落したポイントのダウンボリュームの色を決定します。
バリューエリアアップ - 多くの出来高を伴い買いが発生した(通常すべての取引の内70%)バリューエリアアップの色を決定します。
バリューエリアダウン - 多くの出来高を伴い売りが発生した(通常すべての取引の内70%)バリューエリアダウンの色を決定します。
プロファイルハイ – 指定された期間中に到達した最高値の価格レベル。
プロファイルロー – 指定された期間中に到達した最安値の価格レベル。
バリューエリア (VA) – その期間中の全出来高の内、指定したパーセンテージで取引された価格水準の範囲。通常、この割合は70%に設定されていますが、トレーダーの裁量次第です。
バリューエリアハイ ( VAH ) – バリューエリア内の最高値の価格レベル。
バリューエリアロー ( VAL ) – バリューエリア内の最安値の価格レベル。

このチュートリアルで、セッション出来高HDと他の出来高プロファイルツールのパワーについてご理解頂ければ幸いです。さらに重要なこととして、これらのツールのすべての特徴や機能、カスタマイズをご理解される為のお役に立つことを願っています。セッション出来高HDは、ご利用頂ける出来高プロファイルツールの一つであり、特定の取引セッションの分析を行う為に、チャートを拡大・縮小したり、時間足を変更したり、さらなる詳細を確認されたりする際に特に役立ちます。

ご覧頂きありがとうございました。フィードバックやコメントがございましたら以下からお知らせください。さらなる出来高プロファイルツールや機能が必要でしたら、ぜひ詳細をお聞かせください!私たちはあなたのためにそれを構築するかもしれません。

Get $15 worth of TradingView Coins for you and a friend: www.tradingview.com/share-your-love/

Read more about the new tools and features we're building for you: www.tradingview.com/blog/en/