masao_shindo

イールドカーブ ~長短金利差~

教育
(US10Y-US03MY)米10年債利回りー米3カ月債利回り

国債利回りの動きを見ることで景気の動向を判断することもできます。

一般的には10年債の利回りを見ることが多いのですが、

状況によっては、長期の利回りと短期の利回りの金利差をみることで、マーケットの状況のヒントを探すこともできます。

今回は米国債の利回りを見ていますが、国債利回りの動きを見ることで景気の動向を判断することもできます。

一般的には10年債の利回りを見ることが多いのですが、

状況によっては、長期の利回りと短期の利回りの金利差をみることで、マーケットの状況のヒントを探すこともできます。

今回は米国債の利回りを見ていますが、10年債利回りから3カ月債利回りを引くことで、金利差を見ることができます。

TradingViewはそういった演算機能も使えるので便利ですね。

まず、基本的なことの確認ですが、金利は期間が長い方が高くなる傾向があります。

その金利差が縮小する時期は景気後退懸念が高まっています。

そういう意味では、昨年まで縮小していた金利差が再び拡大しています。

金利差という局面から見ると、マーケットへの懸念が小さくなってきているのかもしれません。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。