kurolisu

NYダウ先物、不安定な相場が続く

ロング
CURRENCYCOM:US30   ダウ平均株価
NYダウ先物は、週間で約300ドル下がりました。
米国の雇用統計(季節調整前)では、雇用者数は前年同月比で約560万人増、失業率は3.89%で、完全雇用状態です。
新型コロナウィルスの変異株がさらなる感染拡大しない限りにおいて、米国経済は絶好調です。
直近の米国株価指数は、WTI原油価格との連動性が強く、約7~10%くらいの浅い調整ではないかと思います。
4時間足で見た時の移動平均線では、24BBは下向き、75SMAと200SMAはデッドクロスしています。
75SMAに収束する力が働くと思っていましたが、力強さに欠けている印象です。少しエントリーが早いのかもしれません。
ARKKやテスラが弱く、ARKKと逆のSARKが強いことは気になりますが、戦略は逆張りのロングです。
2週間前からの寄与度
上昇銘柄:CSCO、IBM、CVX、UNH、PG
下落銘柄:CRM、AXP、MRK、DOW、BA
左軸:原油価格
右軸:ドル建てNYダウ先物
トレードは手動で終了しました

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。