kurolisu

NYダウ先物、5%を超える水準まで急落。

ロング
CURRENCYCOM:US30   ダウ平均株価
NYダウ先物は、前週比で約700ドルくらい急落しました。
主要消費国と協調して戦略石油備蓄を放出したり、南アフリカで変異株が見つかったり、DIDIの上場廃止計画をまとめる指示がでたり、
米国の金融政策のテーパリングのペースが早まるとの警戒感も出て、原油価格が急落して世界同時株安になりました。
変異株についてはそれほどの脅威をもっていないのですが、日本国内への波及するのに必要な時間がどれくらいあるのか注目しています。
4時間足で見た時の移動平均線では、24BBと75SMAが下向き、中長期的な200SMAが上向きですので、
やや中長期的な移動平均線に収束する力が働くと思います。
フィボナッチ分析の判断基準では、36570ドルの高値から78.6%戻しである、34750ドルが約5%安の水準です。
34000~34500ドルまでのどこかで安値を付けるかもしれませんが、戦略はショートから逆張りのロングに変更します。
4時間足で見た時のRSIが25を割っていること最も重視して、逆張り目線です。
NYダウのボラティリティ( VXD )は、前週比:17.45→24.49で拡大しています。
米国3年債利回りは先週比:0.8617%→0.8115%に利回りが低下しています。
2週間前の寄与度
NYダウの構成銘柄のチャートの形が悪くなっていて、通信や消費関連の急落が目立つ気がします。
上昇銘柄:HD、AAPL、PG、CVX、MCD
下落銘柄:AXP、BA、WBA、CRM、DIS
左軸:米国3年債利回り、豪ドル円とカナダドル円とポンド円の合成通貨
右軸:ドル建てNYダウ先物
トレードは手動で終了しました

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。