mikan-ya-EURUSD

ドル円:まだまだ待ちの相場が続きそうです…

FX:USDJPY   米ドル/円

ドル円
21:59 2017/11/14

ドル円のポイント
・はっきりとした流れがつかめないので様子見
・日足5MAを一時上抜けるも、現在ははね返されている
・日足5MAと25MAで挟まれたままで身動き取れず…
・4時間足バンドがヨコヨコで±2σのレンジになるかも?
・株価指数や米10年債利回りではあまりヒントにならず…


 日足を見ると、一時5日平均線(現在113.60円)を大きく上抜け、上昇トレンド再開のように見えましたが、結局今のところはね返され、長い上ヒゲのようになっています。まだ、5日平均線は機能しているのかもしれません。となると、5日平均線と25日平均線はいまだ挟まれたままということになりそうです。もう少し様子見の状態が続くのかもしれません。


 4時間足を見ると、バンドは依然としてヨコヨコです。昨日のNY時間にレジスタンスとして機能しているように考えていた25本平均線を上抜けて、ゆっくりと上昇してしまいました。今日の欧州時間の開始時に大きく上昇し、+2σをタッチ。しかし、長い上ヒゲとなってはね返されています。まだ、4時間足の狭い±2σのレンジになるのかもしれません。


 まだ、はっきりとした流れがつかめないので、今日も様子を見ます。日足5日平均線をしっかり上抜けるか、25日平均線をしっかり下抜けるかを確認しないことにはわからないのではと思います。


 株価指数は、日経225、ダウ30ともに大きな動きはなさそうに感じました。まだ、どちらとも5日平均線を下抜けたままですので、下目線は継続で考えています。しかし、ダウ30に関しては、下落の勢いがあまり感じられず、ひょっとしたら25日平均線付近ではね返されるかもしれません。23300ドルをしっかり下抜けるのを確認したいです。
 米10年債利回りも、水色のラインをしっかり上抜けるかはね返されるかがまだわからないので、この辺の反応を確認する必要があるように思いました。
 株価指数、米10年債利回りともに、今日の動きではあまりドル円のヒントにはならなさそうに思いました。



日経225日足


ダウ30日足


米10年債利回り
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト