BIusually

3/7トレードレポート

OANDA:USDJPY   米ドル/円
〈昨日の振り返り〉
昨日は為替市場・米国債券市場・米国株式市場共に小幅な値動きでした。パウエル議長の議会証言を前にした様子見だと思います



〈ファンダメンタルズ〉
昨日は目立ったファンダメンタルズはなかったかと思いますので割愛します


〈今日の重要な経済指標〉
今日は24時からのパウエル議長の議会証言があります。議会証言は2日間にわたって行われるのですが、今日はその1日目にあたり、マーケットが注目するのが1日目となっております。なぜかというと議会証言は1日目と2日目で内容に差異がない為です。ですので1日目が注目されますし、ボラティリティが生まれます。ですので1日目が注目です。


〈今日のトレード戦略〉
今日のパウエル議長の議会証言はかなりのボラティリティが生まれることが予想されます。そのためポジションを持っている場合は全決済や一部利確をして臨んだほうがいいと思います。こういうときにポジションを仕込むことはおすすめはしないです。理由は値動きが予想と全く違う動きをしてしまうためです。FXはレバレッジ取引ですので、少額で大きな利益を出せるのがメリットですが、裏を返せば、少額の取引で大きな損失を被る可能性もあります。これは全FXトレーダーに言えます。ですのでFXは稼ぐ事より、損失を出さないことが相当重要です。トレンドが出てるところではみんな稼げます。そのあと稼ぎを守れるかがトレーダーの真価が問われます。FXは9割が負ける世界というのが通説となっておりますが、負けないためにも稼ぐことよりも損失を出さないことがよっぽど重要です。ですので重要な経済指標がある日は事前に仕込むなんてことをせずに後からついて行ってもいいと思います。ぜひ稼ぐことよりも守ることを意識をしてみましょう