OANDA

ドル円は年末の流動性低下に要注意

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
先週末のドル円はクリスマス休暇で市場参加者が減る中、103円台中盤で小動きが続きました。時間足チャートを見ると、方向感を見出しにくい推移が続いており、直近の高値、安値等に注目しながら、本日も根気強く方向感を探っていきたいところです。
ただし、年明けまでは市場参加者が少ない状況が続くため、流動性が低下し、荒い値動きとなることも想定され、悩ましい動きが続く可能性も考えられるため、注意が必要となりそうです。

コメント